東尾理子×石田純一夫妻に学ぶ!モテ男の本命の女になる方法

ishida

石田純一(60)と東尾理子(39)夫妻。歳の差もあり、結婚当初は何かと話題だったけれども、今度の12月12日でなんと結婚5周年を迎えられるそうだ。今回は12月12日に公開の映画「ゴーンガール」のイベントに夫妻揃って登場。

石田純一さんといえば、過去に2回結婚をして不倫もしていたなどと話題のモテ男。40代にしかみえないような風貌に、ゆっくりとしゃべり聞き上手でモテるのも納得。そんなモテ男が選んだ東尾理子さんは、パワフルで明るい女性。

石田純一さんに「理子さんが、石田さんに直してほしいと思っているところはどこだと思いますか?」という質問に対して、石田さんの回答は「他の女性とご飯食べに行く時告白する」(他の女性とご飯を食べに行く時は、事前申告をして欲しいのにしてくれないこと)。それに対して、東尾理子さんの答えは

(それも含めた)「すぐバレル嘘をつくこと」

「他の女性とご飯を食べに行く時は事前に申告してほしいといっても、過去一回も申告したことがない」という東尾理子さん。それでも周りの声とかなんやかんやで石田さんが女性とご飯を食べに行っていたということが後で分かるのだとか。

でも理子さんはとりあえず笑って話されていました。

これができないと、モテ男と長く付き合うことなんてできない。特に、恋愛が上手くいかない完璧主義タイプに多いのが男の人の嘘や失敗を上手く流せずに、そこでつまずいてしまったあげくに、小さな傷つきをどんどん積み重ねてしまうタイプの人が恋愛が上手くいかないのだ。

それが自分はできないなと思ったら、逆に華やかなモテ男ではなく地味で真面目なタイプの男の人を選ぶようにすれば恋愛が上手くいく。

華やかなモテ男がよいけれども、私だけを見てくれる人じゃなきゃいやというのはなかなか難しそうだ。

【ゴーンガール】

幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる。