飲み会での出会いを次に続けていくLINE術

ID-100232966

飲み会で出会ったけど、LINEも交換しないでなんとなく終わっちゃう事も多いのではないだろうか?

1回会っただけで運命だ!!と思う事なんて実際はほとんどないので、普通の友達としてLINEだけでもとりあえず出会った人とは、交換しておいて、いつでも気軽に飲みにいける友達は増やしておいた方が、出会えるチャンスはぐっと広がる

 

さらに、LINEをせっかく交換したとしても、今度また飲みましょうのやり取りで終わってしまう事も多いと思う。

自分から連絡するほどじゃなかったよななんて思って、自分から何もせずにそのまま終わってしまう事が多いのではないだろうか?これが実は、彼氏がなかなかできない人の特徴

彼氏がいつも途切れないという人は、とにかく連絡を続ける事が上手だ。まず飲み会ではかならず相手の得意な事や好きな事を聞き出しておく

それが、興味がない男の人が相手でも必ず聞き出しておいて、連絡先も必ず自分から聞くようにしている。

そして、すごいのがその後のLINEの連絡を続けるテクニックだ!

飲み会で会った3日後に必ず連絡をするようにしているのがポイント。

当日は他の人も一斉にお礼のLINEをするので埋もれてしまうし、1週間たってしまうと間が空きすぎて、誰だっけ?と印象がなく忘れられてしまう。そこで真ん中の日に、相手が得意だったという事を相談する内容のLINEを送るようにしているとのこと。

実際に困っている必要はなく、ただの連絡をつなげるという手段だけなのだが、男の人は自分が誰かに何かを教えてあげるというのはとても気分が良いので、相談のLINEを送るだけで、相手の男の人を気分よくしてしまう。

つまり、そのテクニックだけで、好印象を獲得してしまうし、何度もLINEのやり取りをしていると、相手との距離感が縮まって自然とまた飲みに行こうか?という状態になる。

『また複数人で気軽に飲もう!』といえば、出会いのチャンスがまたあがるのだ。

いつも次につながらずに終わってしまうなという人は、このテクニックをつかって飲み会の回数と出会いの回数を増やしてみるのがおススメ