彼氏の連絡がなくて不安で何も手に付かない時に心を楽にする方法

ID-100265464

彼氏から連絡が来ない、もう彼は私のことを好きじゃないのかもしれない?LINEやメールが鳴るたびに、もしかして彼かも知れないという期待と彼じゃなかった時に感じる急降下を繰り返してしまっていてだんだん生きることすら“つらい”そんな風に、彼と一緒にいない時は常に彼からの連絡を待ってしまう、彼が一緒にいないととにかくむなしいと感じてしまっている人に楽になれる方法について教えます。

彼氏の連絡がなくて不安で何も手に付かない時に心を楽にする方法

多くの恋愛本は、そんな時に自分が楽しめる趣味をみつけようと書いてある事が多いですよね。そういうのをみると、あぁ何か見つけなくてはいけないと焦るけれども、結局見つけられない自分にやっぱり自分は駄目だ、こんな風に彼からの連絡ばかりを待っていたらやっぱり自分は愛されないんだというように自分を責めてしまう人もいると思います。

けれども、心配しなくても大丈夫です。あなたが、彼氏の連絡がなくて不安で何も手に付かないのには理由があります。

彼氏の連絡がないと不安になる理由

1日でも彼氏から返事がないと不安になってしまって、彼氏から返事が来るまではなにも手につかなかったり、自分からばかり連絡をしていると、むなしくなって、『彼氏から連絡がくるまで自分からは送らない連絡我慢大会』を開催してしまったりするという人は、恋愛依存症です。

恋愛依存症なので、いくら恋愛本に書いてあるように『一人で楽しめる趣味を』と言われたても無理です。アルコール依存症の人がアルコールがきれると不安定になるのと同じように、恋愛依存症の人は、彼と一緒にいない時は辛いのです。

彼と一緒にいない時に苦しい・つらいもしくは彼に対する怒りなどのネガティブな感情でいっぱいになってしまって苦しんでいる人は恋愛依存症の可能性が高いので、自分が前はやっていて楽しいとおもっていたことをやってみてたり、他の友だちと飲みに行ったり、無理やりに行動をしたとしても、頭の隅の方で彼のことを考えてしまって楽しめないという人も多いと思います。簡単にいうと心の病気になってしまっているので、趣味などをみつける以前に一歩一歩恋愛依存症を直していくことで自然と彼氏と一緒にいない時間も楽しめるようになってきます。

彼氏からの連絡がないと不安になるのを治す方法

とはいえ、何をすればいいか?分からない人も多いと思うが、実は専門のカウンセラーに話をきいてもらうというのは一つのおススメの解決法ではあります。精神科にいって薬を出してもらうという方法ではまた今度は薬に依存してしまうのでそれよりは、自分で自分の為に一歩を歩きだした方が恋愛依存症はなおりやすいのです。

アルコール依存症や買い物依存症やギャンブル依存症と違って、恋愛依存症は簡単なトレーニングで改善することができます。

そこまではできないけどなんとかこの“つらい”という状況を脱出したいという人は、この恋愛依存症を脱出するトレーニングをやってみてください。そのトレーニング方法とは、『自己肯定感』を高めていくなどの練習をすることです。自己肯定感を高めるとこれからまた人生で何かが起こった時に強くなることができるのでおすすめです仕事・恋愛など全ての人間関係に有効に作用するのが『自己肯定感を高めること』ということになります。

恋愛依存症でつらい思いをしていた人が自己肯定感を高めると、辛かった今までが嘘のような幸せな人生を歩めるようになります。

今、まさしく“つらい”という気持ちでいっぱいになってしまっている時は状況を客観的にみることができなくなってしまっているので、まさか自分が“恋愛依存症”だなんて気づくことができない人も多いと思うけれども、彼がそばにいないと“つらい”はまさしく依存症と一緒の症状で、それこそアルコール依存症とかギャンブル依存症とかと同じ状態だと気づくことが大事なんです。

自分が愛されていないような気がして辛い

つまり『自分は愛されていないのではないか?』という不安にとりつかれてしまっている為、彼の様々な行動が、『やっぱり自分は大切にされていない。愛されていない』という風にうつってしまって、さらには彼に対する要求もどんどん大きくなってしまうし、彼を責めてしまう単語も多くなってしまっているのではないだろうか?

彼から全く連絡がなくなったのが、付き合って3ヵ月以内だったら、まさしく彼は本当にあなたを愛していなかった可能性は大きいけれども、自己肯定感をしっかり持っていれば私の事を大事にしない男なんて用済みだわと思うことができるのでそんなにつらいとも思わなくてすむ。

また彼が連絡がくれない理由は、仕事が忙しいとかいろんな理由があるだろうけれども、自己肯定感がさがって恋愛依存症状態では恋愛がどんどん悪い方向にすすんでしまう傾向がある。なぜなら常に自分に自信がなくて不安なので、彼氏が浮気しているんじゃないか?自分に飽きたんじゃないか?というような事を考えてしまっている

彼氏から連絡なくて本当に不安なケース

3ヵ月以上たった状態できちんとお付き合いしていたのにもかかわらず、連絡がなくて不安な人は、たとえば『なんで◎◎してくれないの?』という言葉を彼に対して言ってしまっていたりしないだろうか?

これは、『なんで◎◎してくれないの?』=『◎◎してくれないあなたはやっぱり私を愛していないの?』という意味になっている。つまり『自分は愛されていないんじゃないか?』という不安を打ち消したいがための確認作業をしている状態が実は彼にとっては『また彼女を満たせたない』『なんでこんなに要求が多いのだろう』と彼があなたから離れたいと思ってしまうような状況をつくってしまっていることになる

特に仕事が忙しかったり、あなたと少し離れたいと思っていたり何かしらの理由で彼はあなたに“連絡をしない”という状態であるのであれば、あなたは自分の感情ばかりを押し付けないで、彼の意見を大事にしてあげた方が恋愛が上手くいきやすいのだけれども、これも恋愛依存症になっている状態は特に不安でいっぱうなので、彼の意見を尊重して“連絡をしない”という事が出来なくなってしまう。

そのように自己肯定感が低いというのは“恋愛”において大きなマイナスの影響を及ぼすのだ。次は一人で簡単にできる自己肯定感のあげかたについてご紹介します。

自己肯定感を高めれば連絡が無くても辛くない

自分が愛されていないような気がしてしまうので、連絡がなくなってしまうと辛いと感じるようになるのですが、自己肯定感を高めれば彼がどんな状態だろうと、私は愛される価値があると思えるようになるので、気持ちがつらくなくなります。

今回は、その自己肯定感を一人でもあげられるようになる。心の病気は身体の病気よりも時間がかかるので1ヶ月は最低でもかかるものなので最初から上手くいかなくても焦らないで続けることが大事なのでとにかく続けてみてください。

①    まず自分で達成できそうな目標をたてる!たとえば部屋中をピカピカにするは無理だったとしても、自分のお気に入りの靴をピカピカに磨くだったら達成できる可能性が大きいでしょ?朝自分で達成できそうな目標をたてて、夜寝る時に達成できた自分を誉めてあげるようにしてみてください。

これを毎日続けて、習慣にすることで自然と自己肯定感をあげることができるようになります。自己肯定感というのは、簡単に言うと自分で自分を頑張っていると褒めることなんです。

②    ほめられた時は必ず『ありがとう』と笑顔で答えるようにする。自己肯定感が低い人はほめられた時に、すぐに否定してしまうのでにっこりと『ありがとう。嬉しい』と言えるようになって、相手からのほめことばを受け入れられるようになると自己肯定感もあがってきます

さらにほめられたことを一人で部屋で毎日唱えるのもおススメです。

自己肯定感が低くなってしまっている人というのは、他人に褒められても、『そんなことないよ』とか素直に自分はすごいということを受け取れずに拒否してしまいます。まずは、褒められた時に素直に、私はそういうところがすごいんだな、人より優れているんだなと受け取れる様に練習をしてみましょう。

③    毎日お部屋にいる時に、『私頑張ってるな』とか『私偉いな』と声を出して呟いてみる

自己肯定感が低くなってしまっている人は、ついつい『あぁ私はやっぱり駄目だ』と言ってしまいやすいんです。そうじゃなくて、『駄目じゃなくて一生懸命頑張っている』そういうふうに自分を自分で褒めてあげられるようにしましょう。

上記3つを最低でも1ヶ月続けたところではじめて、彼氏がいなくても自分一人でなにかをやって“楽しい”と感じることができるようになったり、周りの景色や色んなものが“綺麗”など、だんだんとポジティブな気持ちに自然となれるようになってくる。

その状態になってやっと、他の趣味が見つけられる状態になるので実践してみて。それでも自分一人で幸せになれないという人は、カウンセラーに相談してみてください