追いかけなくても彼が自然と会いたくなる充電器型レディーになる方法【前編】

ID-10067326

スマホ・PCなど、世の中には充電しないと使えないものがたくさん!

そんな中、彼氏も自分から追いかけなくても自然と彼の方から会いたいと思って勝手に帰ってきてくれるような、充電器のような女になれたら幸せだと思いませんか?

そんな風に彼の方から定期的に、“必要”とされて“チャージ”しに自分のところに寄ってきてくれるようになる為に気をつけるべきポイント。

彼を責めない

とにかく“彼女”とか“奥さん”とかいわば、ステディーな関係になると、彼をあれこれ責めてしまう人が多い

『なんで●●やってくれないの?』『どうして●●につれていってくれないの?』という風に。

この女の『なんで?』『どうして?』は男の人を遠ざけてしまう。

女の子がこういう風になってしまう原因として、自分の彼氏とか旦那をどこか所有物のように考えて管理をして自分と同じ考えにしようと無意識にしてしまうところがある。

さらには、『●●してくれて当然』と思っている理由として、前に『●●すると言ったから』というのが理由という時もあるかもしれない。

でも、●●すると言ってもできない性質って自分も持っていたりしないかしら?心理学的に相手の行動に対してイライラしてしまうのは、それは自分も性質として持っているという事が多く、自分は禁止している行動だからという事が多い

つまり、自分のお母さんとか家族とか仲が良い人に対して●●やっとくといいながらやらない事ってあったりしませんか?やらないつもりもなかったんだけど、つい忘れてしまったというようなこと。

だからといって、あなたがお母さんとか家族を愛していないか?というとそれはまた別の事ですよね?

『●●をやるといったのに、やってもらえないから私は愛されていないんだ。大切に思われていない』とうつうつとしてしまっては、彼も戻ってこないどころか自分から別れを告げてしまったり、感情的になって彼から別れをつげられてしまったりと別れの原因になってしまう。

相手の行動にイライラしてしまったら、自分も絶対もっている性質なのでイライラせずにちょっと一呼吸おいてみて。

そしてお願いする時は『●●してくれたらうれしいな』という風に、●●して当然という彼を強制するのではなく●●してくれたらうれしいという風なお願いに変えてみるだけでも、彼からの印象は変わってくるし彼の方から自然と会いたくなるような、癒し系の女の子に変わる事ができるようになる。

続きは後半

追いかけなくても彼が自然と会いたくなる充電器型レディーになる方法【後編】