アラサー・アラフォー・アラフィフ今が旬なんです!

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第151回

ID-10054957 

前回の続きになるんですが、「痛い40代」になりたくなかったら結局、

 「見た目をキープしつつ経済力をつける」

 が一番だと思うんです。

なぜなら、男はきれいで稼ぎがある自立した女が大好きだから。

この場合、男ほどバリバリ稼いでなくても可。いやむしろ、男より稼いじゃうと今度は嫉妬とかプライドの問題が出てきて大変だからそこそこのほうがいい。

およそ三千世界のその中で男の嫉妬ほどおそろしいものはなく、だから、

「私の理想の女性はゴンドリーザ・ライスさん」

 

とかいうのでなかったら、男を凌駕するとか考えず、ただひたすら

「他者とくらべず自分のやりたいことで経済的に自立」

 

を目指したほうがいい。

で、そういうきれいで稼ぎがある女の基盤をつくるのにいちばん大事なのが、実は世間で「アラサー」と呼ばれている時期だったりするんです。

世間では今、「アラサー」が一見「もはや若くない同情すべきもの」みたいな言い方をされてますが、冗談じゃないその本質はかつての「女子大生」とか「JK」と一緒。

 

つまり、今が「旬」だということ。

嘘だと思ったら今活躍してるアラサーの人たちを見てみ。彼女たちはいってみればチートを入れたモンハンみたいな存在。要するに今、全部「持ってる」。若さ、美しさ、肌のハリ、行動力、知恵、経験値、etc。

この場合の「持ってる」というのは名声や財産のことなんかじゃなく、そういうものを手に入れるための「吸引力」があるってことです。

だから、正しいアラサーの過ごし方というのは、このあと何年か経ったら確実に消えていくであろう、若さフェロモン勢いのある「無敵期間」をフル活用し、地位だろうが名声だろうが結婚だろうが「全力でとりに行く」です。

私は今、そのことをすでにわかってるアラサーの人たちに言っているのではありません。

せっかく、労せずして異性を惹きつける人生の絶頂期にあるのに、変に貼られた世間のレッテルを鵜呑みにして「もうアラサーだから・・・」と及び腰になってる人たちに言いたいのです。

この他にも「アラフォー」「アラフィフ」とすでにブランド化されつつある時期がありますが、こうやって名前がつくものには必ずなんらかの「価値」がある。

だったら、それを活用しないテはない。

というのは、人生にはその節目節目にふさわしい「ウリ」があり、その「ウリ」をどこまで正しく把握し、使えるかがキモだから。

そこで、佐伯はこれから、今までつらつら書いてきたことを全部ひっくり返す爆弾発言をいたします。

それは、

「もうそろそろ自分を年齢でカテゴリー化するのはやめませんか」

ってこと。

この世には「ダイバーシティ(多様性)」という言葉があります。

そして今、これほどこの概念が大事になってきてる時代はない。

もう目はしのきく方はお察しかと思いますが、「人を年齢でカテゴライズ化する」というのは実はとっくに機能しなくなってます。

そう、心も脳も体も、個人個人の裁量でカスタマイズされ、いちがいに年齢だけではくくれなくなってるの。

それを「アラサー」「ゆとり」「バブル」などと乱暴にくくるのは、未だに「自宅でリアルタイムで視聴してる人の数しかカウントしない」テレビドラマの視聴率とおんなじ。

もちろん、時代背景とかによる、ある程度の世代的な「傾向」があるのは事実。

でも、たとえば極端な話、もしアナタが1982年生まれ(犯罪者の当たり年と言われている)だったとしても、アナタまでワルイコトする必要はない。

たとえば、あなたの周りにもいませんか? 男女問わず、実年齢を彼岸のどこかに置いてきてしまったような人

その多くは自分と人をくらべず、マイペースに生きてる人のはず。

佐伯はこの間、顔に一本のしわもない80近い男性に会いました。

その人はやっぱり独特な人生を生きていて、自分の歳など半世紀くらい前から数えるのをやめていた。

もちろん、「年相応」というのはあります。

年齢を重ねた分、「大人」としてのふるまいを学んでいくってのはすごく大切。

それを怠り、ただ若作りだけに奔走すると文字通り「イタイ大人」になってしまう。

だけど、年齢がいったからといって「萎える」必要はない。

「枯れる」は全然かまわない。そこにはまた美学がある。

しかし「老ける」「衰える」「退化する」・・・こういうネガティブなのは別にいらねえよって思う。

大事なのは、その年齢年齢で「かくありたい」理想の自分に少しでも近づこうという、植物が何も考えず、上へ上へとのびていくような気持ちを持ち続けること。

もし理想通りにならなくても(ていうか、ならない)、少しでもそっちにベクトルが向いている時点で人生、すでに完璧なんじゃないかなあ・・・って佐伯は最近、いろんな身近な人を見るにつけ思うんです。

ちなみに佐伯の理想は大好きな漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のリサリサ。

だれか彼女の若さの秘訣「波紋呼吸法」を私に教えてくれる人はいませんか?