女をあげる恋と女をダメにする恋の違いって!?

ID-10098774

「もう駄目だ」とわかっている恋愛をバチッとやめれない子って、多い。

「紅緒さあん、時間あります?」なんていうノリでくる電話やLINEはたいてい、「もうあんな男別れる→やっぱり別れられない」のズルズル泥沼話。

前回会ったときは「あれはもう終わりました!」とか勢いよく言ってたくせに、今回また同じ相手と「今度こそ終わりです」とか言ってる。

 

それが5回も6回も10回も続くといい加減こっちもウンザリしてくるんだけど、それでも私が相談に乗るのをやめないのは、

 

「自分もかつてやったから」

 

です、ハイ。

 

あれいったいなんなんでしょーね、もうイヤだ、絶対別れる、って死ぬほど苦しく思っていても、「もうヤメ!」と身を削る決意をしても、なかなか別れることができない。

で、しまいにはどんどん覚めてく相手の男の周りに他の女のカゲを見てしまったりして逆上、もういい加減よせばいいのに、それでもしがみついてしまう。

いやーこうやって書いてると、ダメ恋愛ってドラッグそのもの。

で、だんだん相談に乗ってくれる女友達の顔がウンザリしてきてるのも見えているのに、それでも相手の男と切れず、恋愛相談もやめられない。あの頃、辛抱強く話を聞いてくれた友人たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今、あの頃の自分を振り返り、なんであんなにみっともなかったんだろう、とつくづく考えてみたんだけど、それは今思うに、おそらく、

 

「自己評価が低かったから」

 

だと思います。

自分に自信がある人なんてそうそうめったにいないんだけど、それでも最低限自分を愛する気持ちがあれば、あんなひどい状況に長いこと自分をおかない。

とっととダメな恋愛から身をひき「さあ次行ってみよー!」となるはず。

 

それができず、実りのない恋愛をズルズル続けてしまうのは、ひとえに自己評価が低いというか、自分を大事にしてない証拠。

 

恋愛ってそもそもいいものなんです、瞳孔がひらくから黒目はでかくなるし、食欲落ちるからダイエットにもなる、ホルモン出るからお肌だってピカピカだし、胸のサイズは大きくなる。本来はそういう、女にとっていいことづくしの感情のはず。

なのに、それがそうならないどころか、かえってやつれてしまうのがダメな恋愛。

自分がいい恋愛してるかどうかは鏡で顔見りゃイッパツでわかる、というのはそういうことで、頬がこけてたり目の下にクマつくってたりお肌がガサガサしてたらそれはダメな恋愛なんです。

 

で、そういうダメな恋愛をしないためにはどうするか。

いちばんの特効薬は、

 

「テキトウ」

 

に尽きると思うんです。

 

クソ真面目になんでもやるのがいつでもいいとは限らない。こと恋愛に関する限り、ルーズなくらいでちょうどいい、というのが佐伯の偽らざる意見。

相手の男がままならなかったらちょいと半年ぐらい距離置いて、その間、別のご新規さまが現れたらそっちを楽しむくらいでいいんじゃないか。

で、もしそのご新規さまのほうが具合よけりゃさっさとそっちに乗り換えればいいし、いややっぱりもとのほうが、となればその時はまた改めてアプローチすればいい。

そのくらいでいいと思うんです。大事なのは自分を追い込まないこと。自分の頬をこけさせないこと。それが自分を大事にするというか、自己評価を高めることにつながる。

ああ会いたい、触れたい、という恋の苦しみは大いに結構なんだけど、鬼の顔になっちゃうほどのつらい恋愛は……せいぜい生涯いちどくらいでいい。

 

いちどくらい、と言ったのは、いちどそういうつらい恋愛をすると、次のが大事にできるというメリットがあるからです。前にはわからなかった男の本当のやさしさが3Dみたいに見えてくる。

ただし、そういう恋愛がコヤシになるのはいちどきり。何度も繰り返すと女を下げます。

だから、自分にダメ恋愛傾向があると思う人は、いっそドSの女友達を持ってみるといい。世の中にはカマキリとか女郎グモの生まれ変わりなんじゃないかというような女性もいて、彼女たちの鬼畜っぷりは、そのまま「自分大事」レッスンになる。そういうのを真似てみるだけでも、きっといろいろ変わってくるはず。

ムチ打ち、放置、言葉責め、その他モロモロ。あいにく私はカマキリでも女郎グモでもないので、詳細はその筋の人に聞いてみてください、マル。