浮気しない男の育成法

3777917390_13bcf68292

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第138回

「オレが浮気する理由は性欲じゃありません」と圭一君(仮名・32歳)は私に言った。

 

男というより、人としてリスペクトされたいのだそうである。

性欲よりも心が満たされたいんです、賞賛を得たいんですよと圭一君は言う。

ちなみに圭一君、去年から一緒に暮らしてる彼女とはとっくに「清い関係」なんだそう。

でも結婚はしたいらしい。その彼女が、かゆいところに手が届く感じで世話を焼いてくれる人だからだ。

その彼女は圭一君にゾッコンらしく、でも圭一君、その彼女が本命という点には満足しつつも、それだけじゃ物足りず、満たされてないのだという。

だから他にもちょいちょい手を出し、相手を自分に夢中にさせるべく腐心する。

そのココロは「もっともっと、女から人として称賛されたい」から。

 

圭一君の例はさすがに極端かもしれないけど、男は自分に「自己重要感」を与えてくれる女性を好きになる。

 

いい女と付き合いたいというより、「オレっていい男☆」と思わせてくれるような女を好きになるのだ。

かといって、キャバ嬢みたいな「すごーい」「こんなの初めてー」なんてテンプレ通りの言葉にはいまさら満足できない。圭一君は頭がいいから、そういうテンプレ言葉の裏側にある「下心」を瞬時に見抜いてしまうのだ。

そうじゃなく、もっと「ちゃんとした女性」に振り向いてほしいんですよ、と圭一君は私に言う

 

私が思うに、圭一君の場合、おそらく彼女が彼に対し、早々に「ゾッコン」になってしまったのがよくなかった。

なぜなら、ほっといてもずっとこっちを向いててくれる人に対しては、人間はどこまでもぞんざいになれるものだから。「釣った魚に餌はやらない」というやつである。

では、圭一君の彼女みたいにならないにはどうすればいいか?

 

・脅す

ズバリ、「一度でも浮気したら別れるよ」と恐怖心を植えつけるのだ。

圭一君の彼女はここの管理が甘い。おそらく、彼を失いたくないばかりに目をつぶっているのだろうけど、これじゃ男にナメられる一方。もっと自分を大事にしないと。

男は本命の彼女に満足してる限り「ベースがなくなる」ということに対してはものすごい抵抗を覚えるもの。不倫男がなかなか離婚しないのはこのためである。だったら男のこの「巣を守る」習性を大いに利用し、ガッツリ脅しをかけておくべし。

 

・ほめる

ここ大事。だって、圭一君が求めているのは、性欲じゃなく「人としての自己重要感」なんだもの。

それを彼女が充分満たしてやれば、そうそう過激な浮気に走ることはない。

例のテンプレ「すごーい」「こんなの初めて」じゃなく、「ここがこーであーで、だからこうなってこうなるのよね、へええ、あなたってすごいわねえ」という具合。

佐伯の友人に女たらしの鬼畜男がいるんだけど、これが言葉の魔術師で、ほぼほぼ初対面の女性に対し、

「あなたみたいな人を僕の母親に会わせたら、すぐお嫁さんにしろって言うでしょうね」

なんてことをシレッと言ってのけてしまう。

ただ悔しいことに、これを言われた女性は例外なくものすごく喜ぶ。

悲しいことに、彼はわかっているんである、男も女も、「自分ってすごい」と思わせてくれる相手を好きになるってことを。

 

・光る

彼がよそ見などしないくらい、自分のことを磨くのである。

男は外で誰か他の女性を見ると、一瞬のうちにあなたと天秤にかける。そこであなたが相手に勝てば男はたちまち「…やめとくか」となり、あえてリスクをしょってまで危険な行動にははしらない。

だから、ここで負けてしまわないためには、心身共に彼の「オンリーワン」になっておく必要がある。

といっても、なにもスタイル抜群であるとか、絶世の美女である必要はない。それよりむしろ大事なのは「人としてメンテナンスされているかどうか」ってこと。

誤解しないでほしいのは、これはファッションに気を抜くなとかエステに通えとか、決してそういう意味じゃない。もちろんこれも大事だけど、いちばん重要なのは人間力。

男はココロの畑がきちんと耕されてて安定してる女に弱い。

だから、そういう女と一緒にいると仕事が頑張れるんである。

 

これは口で言うのが本当に難しいんだけど、だから、ようは彼にとってあなたが「家に帰るのが待ち遠しいくらい一緒に暮らしてて飽きない人」かどうかがキモ。

そして、相手にそう思わせる秘訣はやっぱり「あなたが本当に相手を尊敬し、それをちゃんと表現してる」ってこと。

 

「恋」というのはつまるところ、男女のあいだに発生する「共同幻想」なので、

まず惚れた男には「オレってすごい」という幻想を持たせ、

さらに「こんないい女と付き合えてるオレってすごい」という幻想を持たせるのだ。

これです。お互い、これがうまくいってるカップルは長続きします。

 

今週はこんな感じで。皆様、素敵な6月を!