浮気をしやすい男の特徴と浮気された時の対処法について

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

ID-10073966

浮気をされたことってありますか?浮気をされた時というのは、今まで信じていたものが全て崩れていくような傷つきがありますよね。過去浮気されたことがある人というのは、もう浮気をするような男は嫌だと思う人も多いと思います。今回は浮気をしやすい男性の特徴と見分け方をご紹介します。また浮気をされた時に、自分の所に戻ってくるようにする対処法もご紹介します。 

浮気をしやすい男性の特徴

浮気をしやすい男性はこんな人

浮気をしやすい男性というのは、実は自己肯定感が低い男性になります。自己肯定感というのは、仕事などの成功と関係はありません。自分で自分の力をどのくらいと判断としているようなものになるので、どんな偉業を成し遂げた素晴らしい社長だったとしても、実際は「自分なんて」って思っているということが多いのです。

つまり、周りからどう思われているか?というよりも自分が自分のことをどう思っているのか?ということが浮気をしやすい男性なのか?そうではないのか?というところと一番関わってきます。

例えば、ものすごくビジネスで成功して、お金も稼いで周りからもちやほやされていたとしても、学歴コンプレックスがあって自分は中卒だからと自分で自分の価値を低くしてしまっているという人は浮気をしやすいです。

逆に同じ中卒だったとしても、自分で自分は学校関係なく素晴らしい事ができると思っている人は、自己肯定感が高いタイプで浮気をしにくいといえます。

つまり自己肯定感というのは、”事実”ではなく、どのように自分で自分のことを思っているのか?ということに影響をしてきます。

自己肯定感と浮気が関連する理由

自己肯定感と浮気が関係するのはなぜでしょうか?もう少し詳しく紹介させてください。

  • 常に複数人と付き合っている男性

例えば、複数人と同時に付き合うような男性やちゃんとした彼女を作らず何人もの女性と身体の関係やあるけれども、ちゃんと付き合ったり結婚しないような男性もこのタイプなのです。

このように、何人もの女性とおつきあいをする男性には実は理由があります。つまりこのタイプの男性には、複数の女性が必要な理由があるのです。それは、『こんな自分はいつか捨てられるだろう』という恐怖感が、無意識のうちに根底にあります。

こんな自分は、きっといつか捨てられてしまうに違いないと思い込んでいて一人の女性だけでは、捨てられた時にひとりぼっちになって、たくさん傷ついてしまいます。

それが怖くて複数人と付き合わなくてはいけないのです。

  • 自分の力を試してみたい

既婚でも自分は今女性を口説いただモテるのだろうか?自分はまだ男して通用しているのだろうか?ということを女性に熱烈にアピールしてセックスできるか?ということで図ろうとする男性がいます。

これも実は、自信があるようでないタイプの男性になります。自信がないので、女性を口説くということで自分の実力を感じたいというのが、この男性の特徴になります。

複数人と浮気をするタイプではなく、一人の女性がずっといて間でちょこちょこと浮気をするような男性というのはこのタイプになります。このタイプは新しい女性とセックスすることで自信を保っているので、浮気をなかなかやめることができません。

浮気をしなかったら、自分の力を確認することができないからです。

以上が、浮気と自分に自身があるか?(自己肯定感)がどのように浮気につながっていくのか?ということに関する紹介になります。

浮気をする男性の見分け方

先程お伝えした、浮気する男性は自信がない人が多いという事をふまえつつ、浮気をする男性の見分け方についてご紹介します。

  • 熱烈なアピールとLINEメッセージの嵐

付き合う前に熱烈なアピールやLINEメッセージの嵐をするような男性というのは、そうやれば女性がおちるという自分の成功法でもあり、そうすれば女性が喜ぶという女性のお姫様願望を分かっていて、まるで自分が運命の王子様のような演出をする傾向があります。そして多くの女性はそれにハマってしまって実際に身体の関係をもって、その後浮気に発展をしてしまいます。

けれども、その熱烈なアピールというのも、実は、自分はこうでもしないと女性と付き合えないと男性が思っているという証拠でもあるのです。それと同じことが起こっているのが下記のようなタイプの男性です。このタイプも浮気をしやすいタイプの男性といえます。

  • 異常に気が利く男性
  • 褒め上手
  • ロマンティックな言葉をいう
  • 連れていくお店が味よりもおしゃれで雰囲気重視
  • 告白がロマンティック
  • 花やチョコレートなど女性が喜ぶプチギフトをなんでもない日にプレゼントできる
  • ネイルやまつげなど女性が喜ぶポイントが細かい
  • サプライズなどの演出をする
  • 話が聞き上手

上記の事を付き合う前にさらっとできるような男性というのは、浮気をし易い男性ともいえます。

浮気をさせる女性

実は浮気をする男と浮気をさせる女というのも引き寄せあってしまいます。というのも浮気をさせる女というのも自分に実は自信がないタイプの女性で、現状で幸せを感じる事ができずに常にもっと上、もっと上ばかりを思いえがいえています。

また根本的に『私なんて』と思ってしまっているところがあるので、上記のように熱烈にアピールされたり、ロマンティックな事をされると『私みたいな女にこんな風にしてくれる人は他にいない』と思ってしまうようになります。その結果、浮気をしやすい男性とまず付き合いやすいのが浮気をさせる女性ということになってしまいます。

また、浮気をさせる女性というのは、基本的に『私なんて』と思っていますので、自分が愛されているというところよりも、自分が愛されていないところばかりが目についてしまって、いつも男性に対して、褒めたり、やってくれたことを喜ぶよりも、最初がロマンティックだった分、つきあっていくうちにだんだんと不満ばかりになってしまいます。

その結果、もともと自信がない男性に対しては、いつも褒めたりやってくれたことに対して喜んだりして自信をつけさせるようにすることが浮気を防止させるのにもかかわらず、『なんで○○してくれないの』というように、いつも彼のことを責めてしまったり、自分が愛されているのか?不安でもっともっと愛をちょうだいという状態になってしまう。

その状態に対して、男性は、やはり自分は女性の事を幸せにすることができないんだと思ってしまって余計に自信を失って不倫にはしりやすくなってしまいます

浮気をさせない女になる方法

このように、浮気をさせる女性というのは、浮気をしやすい男性をひきつけて、もっと浮気をさせるようにどんどんと男性を追い詰めていきます。逆に浮気をさせない女性になるためには、まず自分に自信をもつという事が大事なんです。

自分に自信があるつもりでいても、浮気する男性を引き寄せるという時点で、間違いなく自分自身も『私なんて』と思っているところがあって、ありのままの自分の自分で他人から愛されるはずがないと思っている。

それが、どんどん男性に浮気をさせてしまうので、まずは自分は愛される人間なんだと思う様にするということが、浮気をさせない女になる方法です。まず、友達や家族に『私のいいところってどんなところ?』と聞いてみましょう。

毎日鏡をみながら、友達に言われた自分のいいところをつぶやいてお化粧をしたり、髪の毛をセットすると、『私なんて』という気持から少しずつ遠ざかることができます。

例えば友達に『整理整頓が上手』と言われたら、毎日鏡をみながら『私は整理整頓が上手』と自分に言い聞かせる方法です。普段やっていない人は変な感じがすると思いますが、自分で自分の価値を信じること、ありのままの自分で充分に私は愛されて浮気をされないと思得るようになることが大事なんです。

『私なんて』と思っている限り、『私なんて所詮浮気される女』という刷り込みが強くなってしまって本当に浮気をされますが、『私は愛される女』と思っていると、魔法のようになぜか勝手にどんどん愛されるようになります。

浮気をされた時の対処法

浮気をされた時というのは、とっても悲しいですよね。けれども、時にはお別れをしたほうがいい時というのもあります。それは、お互い『自分なんて』とおもいあっているもの同士がくっついておつきあいをしていたという状態なのですが、あなたが自分に自信をもって『私はそのままで愛される』と心の底から思えるようになった時というのは、『俺なんて』と思っている男は釣り合わないのです。

その為、同じように自己肯定感が高くて、浮気をしないもっと素敵な男性と付き合うというのも幸せになる方法です。

その為、浮気をするような男とはお別れという選択肢もありですし、既に『どうせ私なんて・・・』という沼からあがれたあなたが彼をひきあげてあげるというのも手です

けれども、ひきあげて上げる方法はあれこれ彼に尽くしてあげることではありません。かれこれと彼につくしてしまうと、彼の活躍の場を奪ってしまいます。

彼に尽くすのではなく、彼に自分に尽くさせるようにします。その方法はどんな小さなことでも良いので、彼が何かをしてくれたら大げさに喜ぶということです。また、彼に対して責めるのではなく、自分がやってくれたことで嬉しいことをやってくれたら大げさに喜ぶということで彼にどんどん自信をつけさせてあげるということが『どうせ私なんて・・・』という沼からひきあげさせる方法になります。