初めてのお見合い。楽しいの?楽しくないの?

 2404658979_7fb6ff27be

初めてのお見合いが決まった時はドキドキした。決まってしまった(お見合いが。笑)どうしようと。

お見合いって同じ結婚相談所の人同士でするのかと思っていたけど、そうではなく、結婚相談所が加盟している団体の中から探すので、お見合いする相手は別の結婚相談所の会員なのだ。

 

当日にお見合い相手を探すのは、初めてだと難しい(写真と違う場合があるから。)ので当日は相談所の方々が付き添ってくれた。

何を着たら良いのか?悩んだ挙句、相談所の人に聞くとスカートかワンピースが良いとのこと。だから、大体の男性が好きだろう清楚系のワンピースにカーディガンを着て行くことにした。

早めに相談所の人と待ち合わせ、お見合いでは名字しか明かしてはいけないことや、どんなに楽しくても1時間か1時間半で終わらせること、ムリだと思ったら40分くらいで「そろそろ…」と切り上げても良いことを教えてもらう。

初めの出会いの部分は相談所の人がしてくれたので、当日は特に緊張はしなかった。でも、いざ2人で話始めると、やはり緊張した。

相手は

・40代半ば

・公務員

・高身長

・年収:700万程度

年齢が離れていたのと、私は初めてのお見合いだと知っていたので。相手の人の自己紹介から始まる。滑らかな話し始め…だと思いきや、話す話す話す。自分のことを。仕事で大変なのは住民からの苦情対応だということとか、主に仕事の話。その仕事の予算がいくらだと思うかを質問された。そんなの、皆目見当もつきません。というか、予算には興味がない。しかも、質問するとこそこ?お見合いって趣味の話とかすると思ってたけど、私の仕事とは関係ない仕事の予算の質問されても、「えーーと。わからないです~。」と答えるしかない。

しかも、答えを聞いたところ、結構莫大な費用がかかっていて、彼はそんな仕事をまわす自分に少し得意げだったけど、私は年度末になるといつも税金分の確保に必死なので、そんな部分にそんなにもたくさんのお金が…と思ってちょっと引いた。ホントに必要な工事なの?それは?っと。

でも、なんとなく地雷ワードな気がして突っ込まなかったが。

参考URL: http://allure-tokyo.jimdo.com