年下男と恋を始める為の35歳以上女性の恋愛テクニック

 ID-100228639

35歳以上で周りで電撃婚をしている女性をみてみてほしい。極まれに同年代もいるが、圧倒的に多いのは年下男ではないだろうか?年下男なんてどうせ無理と思っている大人女子の為にも、今回は年下男に出会える方法から年下男にモテる方法まで年下男と付き合えるようになる方法を伝授します。

年下男にモテる35歳以上女性の恋愛テク

年下男に嫌われる行動をまず封印しよう

見た目がおばさんくさいとかそういう事以前に、まず年下男にまず嫌われる行動を封印するようにしましょう。

それが

『説教』

『駄目出し』

35歳以上の女性に多いのが、会社の飲み会でついついおばさんウザいと思われたくないからと思って、年下男より上に立とうとして『説教』『駄目出し』をしてしまうのだが、男性というのは何歳になっても自分の事を褒めてくれる女性の事が好きなのであって、説教や駄目出しをする女性なんて恋がはじまらない。

そこで、まずは説教や駄目だしを封印しましょう。会社で部下がいてバリバリやっている人ほど自分の部下のように説教をしだしてしまうが、本当の大人の素敵女子というものは一歩下がって、年下男をたててあげるものです。

まずは年下男のいいところをみつけて褒めるということをやってみましょう。スポーツも恋愛もいきなり本番では失敗しますので、毎日のオフィスの中にいる年下男で練習をしてみましょう。

オフィスに全く年下男がいないという人はまず年下男に慣れることが大事です。というのも、35歳以上になって全く年下男と接していないという人は、年下男に会うだけでかまえちゃうことが多いんです。

(おばさんって思われたらどうしよう)とか、(洋服がダサいのではないか?)とか色んな余計な事を考えちゃうんです。

もっと恋愛ではなく自然な場で年下男と触れ合う場の例えばボランティアとか社会人サークルや英会話など、恋とはちょっと離れたところで、まずは『年下』と聞いた瞬間に壁をつくらなくて済むくらい年下男にまず慣れるという事が大事です。

社会人の登山サークルにいってみたり、スポーツクラブでパーソナルトレーニングをうけて年下男から指導をうけるとか年下男に慣れるという事が目的なので、まずは自然とかまえずに話せるようになりましょう。

かまえずにしゃべれるようになったら、今度は年下男性を自然とほめる練習です。年齢がいくつであろうと、男性は自分の事を褒めてくれる人が好きです。いいところをみつけて褒めるこれを繰り返せるようにしましょう。

年下男に注目される為に美を磨く

年下男に注目される為に、シワとりに必死になったり整形に必死になったりしてしまう人もいますが、大事なのは雰囲気とオーラーになりますので、ぱっと見魅力的な人であればOKです。

若作りしすぎた服装というのは逆に痛いとおもわれてしまうので、今の自分を一番よく魅せる自分に合った服装が一番年下男にはモテます。

年下男にモテる自分に合った服装

  • 素材感に注意する

まずは洋服の素材を大事にしましょう。男性にモテるのは、シルクやサテンのすべすべの感じだったり、もこもこだったり触りたくなる素材というのが大事になってきます。

ふわふわのシースルーだったり、男性は基本的にゆるふわ大好きです。仕事帰りだからといって気を抜くのではなく、一度帰る前にはお化粧を直すくらいの女子力を磨きましょう。

  • 露出しすぎないほうが年下男にウケル

無理して胸や足を露出する必要はありませんので、まずは安っぽくみえない上品な素材を意識してみましょう。

たまに、年下のイケメン男性を取引先につれていくと取引先のお姉さんが、胸の谷間がっつりみせて腕でおっぱい寄せて名刺交換しているんです。

某大手広告代理店で本当にあった話なのですが、そこにいた23歳~26歳の男子、全員から気持ち悪いとバッサリきられていました。無理して注目を集めようと露出をしていると、失敗しやすいです。

  • ウェストマークが男性を魅了する

足や胸を露出しなくても、ウエストはベルトなどではっきりと絞るようなスタイルの方が、男性にはモテます。

というのも、ウエストがくびれているという状態は、女性が生殖可能期の間だけに起こる特徴ですので、自然と男性の目をひくにはウエストを絞った服を意識するとよいです。

ウエストにベルトがついていたり、ウエストにくびれをつくるということを洋服でできるような服装というのは、男性のモテを意識するうえでは大事です。

年下男にモテるメイク

  • メイクは新しいものも試して年下男にモテる

メイクや髪型に関して言えば、服装よりも新しいものを試したり、ちょっと若つくりしてもOKなポイントです。

35歳を過ぎて、恋からご無沙汰してしまった女性というのは何年も前に流行したメイクのまま時が泊まってしまっている人が多いので、メイクに関して言えば、自分の年齢に合う雑誌で紹介されている最新のメイクを試した方が良いと思います。片思いの年下男がいるなんていう人におススメなのは、その片思い相手の男性の好きな芸能人のモノマネメイクです。

ぱっとみその芸能人になんとなく似せることができるので、年下男を意識させることができますし、モノマネメイクを研究するというのは、本当におススメです。まずは肌ケアとつや髪この2つを優先的やる事がおすすめです。

 というのも、艶っぽい肌と髪というのは、女性にとって生殖可能期間であることを表しますので、色気アピールに繋がります。

タレントさんでも色っぽいと言われている人の共通点って実は艶肌と艶髪なんです。

高級なクリームやエステにお金をつぎ込む必要はないので、自分の肌がもっとも輝く美容法を自分なりに研究してみつけることをお勧めします。

肌は本当にひとそれぞれなので、自分の肌がもっともしっとりするお手入れの方法を研究するという事をおすすめします。

まずは色んなものを試してみるというチャレンジ精神も大事だと思います。実際に若く見える人って本当に人によいときいたものはどんどん試しています。まずは、徹底的に艶髪と艶肌を心がけましょう。

  • 年下男にウケるのはアイメイクよりもリップ

これも女子がついつい勘違いしてしまいやすいポイントなんですよね。若くみせようとしたり、目を大きく魅せるためにアイメイクに力を入れてしまいがちなのですが、男性にモテるのはリップです。

女性の象徴であるエストロゲンという女性ホルモンがあります。このエストロゲンは、残念ながら年齢を重ねれば重ねるほど減ってしまいます。

このエストロゲンが多いほどハリのある肌や艶のある髪をつくりこれが生殖可能時期であることを表して、本能的に男性を誘惑します。

このエストロゲンが減ってくるとシワやおばさん体型といわれるようになるのですが、このエストロゲンが唇をふくれあがらせる作用があります。

男性がぷくっとした唇を好むのはこのエストロゲンが多くて、自分の子孫を残しやすいと反応するからです。

アイメイクよりも、ぷくっとした唇作りに力を注ぐようにした方が年下男にモテやすくなります。

35歳以上女性が年下男にモテる事を意識していく上で、この女性ホルモンであるエストロゲンは意識した方がモテやすくなります。

というのも、エストロゲンは30代後半になると徐々に分泌が減ってきます。もちろん減ってくるのが人間の正しい状態ではあるのですが、少し年下男性にモテたいと思うのであれば、意識的に、お豆腐や豆乳を取り入れて、エストロゲンと同じ作用をするイソフラボンという大豆成分をとる事を意識すると、肌や髪が自然と綺麗になってきます。

 

年下男にモテる為の会話術

ついつい、恋からご無沙汰している年上女性におこりがちなのは、ヒステリックなんです。ホルモンバランスの関係でイライラしてしまいやすく、ちょっとした事でもカチンときてしまうのが、20代とは違うところです。

ヒステリックな女性は当然モテないので、まずは自分の話を聞いてもらうという様に自分から前に前にでていくのではなく、相手の話をきいてあげる。うなづいてあげるという事が大事なんです。

簡単な相手が心を開くテクニックとしては、相手の話のリズムに合わせるという事になります。人によっては、相手のあごの動きに合わせて相手の会話のリズムと同調しているという人もいますが、相手と会話のリズムを合わせると気が合うなと年齢に関係なく思われるようになります。

そして、自分の話ではなく相手にどれだけ気持ちよく話させるか?という事が他人からの好感度を得るテクニックです。

これは逆に、年齢を重ねている女性ほど、有利かもしれません。年齢が若い女性ほど自分の話を聞いてほしいという傾向があるので、常に相手の話をきいてうなづいてあげる。そして相手の言った言葉の最後だけ繰り返すというテクニックは男性に喜ばれる話の聞き方になります。

これ、なんだかめっちゃちゃんと話を聞いてもらえて、共感してもらっている感を相手に与える事ができます。

例えばこんな感じです。

男「今度仕事で北海道行くんだけどめっちゃ寒くて」

女「寒いよね」

男「でも北海道だから海産物がおいしいから楽しみなんだ」

女「それは楽しみだよね」

ところが、恋愛下手な女子の会話はこんな小さなところでも、きちんと外してしまうんです。例えば、

男「今度仕事で北海道行くんだけどめっちゃ寒くて」

女「いいじゃん雪が降ってて楽しそう」

男「でも北海道だから海産物がおいしいから楽しみなんだ」

女「この前イタリアで食べたパエリアめっちゃおいしかったんだよ」

こんな感じで、相手の話を否定してしまって、相手の話からかぶせて自分の話をしたあげくに相手よりちょっとランク上みたいな謎の自慢を無意識にしてしまいます。

これじゃモテません。

35歳を過ぎた女性がまず勝負するべきはやはり会話力です。自分の話よりも相手の話を上手に聞いて、相手に気持ちよく話させるこれだけで好感度あがります。

年下男との出会いの場を増やすならネット婚活も活用

ネット婚活って上手く使えば、自分の条件にあった人をさくさく探せますし、会う前にメールのやりとりで相手のタイプも知れます。

35歳以上女子にとって、ネット婚活って昔のイメージが強くて、オタクでモテないおとこばっかりいるところっていうイメージが強いと思うのですが、最近はそんなことないです。「彼女いそう」なさわやか男子めっちゃいます。宝庫です。

ネット婚活をしようと思ったらコツがあります。

1プロフィールの写真はアプリで加工して盛る

2プロフィールはお高い系じゃなくて親しみやすく具体的に書く

3.自分から積極的にアクションをする(メールいいねなど)

4.1ヶ月で10人くらい会うことを目標にする

実際に、30代後半でネット婚活で出会って半年で結婚した澤口珠子さんが詳しくコツを書いている本がありますので、参考にしてみて下さい。35歳を過ぎたら待っているだけではなくて、自分からフットワーク軽く、明るく色んなところに出かけてみる事が大事です。

参考:澤口珠子 はじめてのネット婚活(http://amzn.to/2eNrkO5

 私も実際に、澤口さんがネット婚活アプリで出会った男性達にあった事ありますが、本当に、ネット婚活アプリ=オタク、冴えない男性しかいないという考えた捨てた方がいいです。

「えっ?なんで彼女いないの?」って男性がいっぱいいます。

このように、年下男にモテる女性というのは、普段からたくさん年下男に接していて、年下男に女としてみられる技術を磨いています。

そんな難しいことではなく、スポーツと同じトレーニングですので、トレーニング感覚でチャレンジしてみてください。