ヤリ目的にもならない女[Part1]合コン編

ID-100123544

最初に、それなりにモテる男の恋愛における黄金パターンを説明する。


1.女と出会う
2.ヤリ目的でその女に近づく
3.デートを重ねて「お! こいつはいい女だ!」と思う
4.その女を本命の女として扱う


だいたいこんな感じ。

ちなみに[3]でいい女だと思われなければ、一回ヤルだけで関係が途切れる。または、セフレに持ち込まれる。なんでこんな行動パターンなのかは、俺にもわかりません。毎度のことだけど、もちろん全員じゃない。ただ、そこそこモテる男にはこんなタイプが多い。

こんな恋愛ゲームに参加するのが嫌だったら、アニメやフィギアに夢中になっているような女慣れしていない男を探した方がいい。個人的には、そういう男と付き合った方が幸せになれると思う。

ただ、それなりに女慣れしている男から好かれたいのなら、この面倒なゲームに参加してステージをクリアしてほしい。それを踏まえて今回の話をする。

そこそこモテる男は、だいたい上記のような恋愛パターンになるのだが、たまに第一段階の「ヤリ目的」にすらならない女がいる。男はそんな女と出会うと、「あんな女、ヤりたくもねえ!」と言うのが定番だ。二度と会いたくないほど、生理的に受け付けないということだ。では、それはどんな女なのか?

今回は、合コン編を説明しよう。

会計の時に他人事

ベタだけど、これは外せない。

二人で飲みに言ったならわかるけど、合コンとなると会計は結構な額になる。それを当たり前みたいな顔で男に全額払わせようとする女達を見ると、腹が立つというよりはその女達の育ちの悪さを感じる。

今まで数え切れないほど合コンをしてきたけど、一般的な合コンでは女も金を出すのが常識だ。多く出したり全額出す男達がいたら、感謝しよう。

女同士の内輪ネタで盛り上がる

ギャルっぽい20代の女に多い。

女同士で仲がいいのは結構だが、「何しに来たんだお前ら」と思う。人見知りしているのもあるとは思うけど、幼稚な女だと思われるのでやめよう。

変わってるんですアピール

先日、作家の先輩に聞いたのだが、合コンの最中にずっと氷を食っていた女がいたらしい。

仕方がないので先輩が「氷好きなの?」と聞いたら、彼女は「私、氷好きなんです。気にしないでください」と答えたそうだ――構ってほしいから、ボリボリ食ってんだろ。

その先輩は「その女の“変わってるアピール”が腹立ってさ〜!」と100回くらい言っていた。とてつもなく美人だったらしいが、先輩は一次会で帰ったらしい。その女達とは、二度と会いたくないと言っていた。

その女がどういうつもりで氷を食っていたかは知らないけど、男は総じて「変わってるんです」アピールが嫌いだ。俺も、自分のことを「僕」とか言っている女を見かけると張り倒したくなる。

あとは、「サバサバしてるんです」アピール。

この言葉を自分で言った時点でアウト。

本当にサバサバしている女は自分でこんなことを言わないほどサバッサバッしてるし、もはや世間から「自分のことをサバサバしてると言う女で、本当にサバサバしている女を見たことがない」と認識されているので、本当にそう思っていても、自分で言うのはやめておこう。

次回は「デート編」です。また来週。


柴門坊才
合コン誘われ経験数1,000回を誇るイケメン放送作家。[男の本音の話をしよう~なぜか、恋が上手くいかない女性へ]●電子書店パピレス 2012年 年間売上ランキング第1位(携帯版/恋愛実用)│電子貸本Renta!2012年 年間売上ランキング第1位(恋愛How to)│Apple Store有料ブックランキング デイリー6位


From 大人モテラボ http://harunorei.net/