理系男子のすべてが『買い』とは限らない理由

不倫の恋をしていると辛いですよね
そんな辛い気持ちを否定せずに
優しく受け止めてくれます。


こんなお悩みを持っている方はすぐにご相談ください

・自分がどうすればいいのか?よくわからない
・どうしても彼に離婚して欲しい
・とにかく今辛いのを何とかしてほしい
・彼から連絡がなくて不安
・彼がどう思っているのか?知りたい

無料相談する

ID-10097894

【佐伯紅緒のスーパーカミオカンデ】第111回

人としてちゃんとしてるし、なにごともおいても普段はむしろサッパリしてそうな女性が、イザ自分の恋愛になると途端に「うっとうしい女」になってしまうのはどうしてだろう。

最近、20代の女の子から「付き合ってるんだか付き合ってないんだかよくわからない人がいます」という相談をいただいた。

ところが、佐伯はこの相談に対して的確なアドバイスをしなかった。いや、しなかったというよりは、アドバイスできなかったのである。これを読んでらっしゃる皆さん、代わりに真実を見定めてください。

相談内容は以下の通り。

相談者:Aちゃん(27・通信機器メーカー勤務)

・どうしても結婚したくて、今ねらい目だという「理系君」がワンサカいる企業に就職した

・同じフロアにいいスペックの男性を見つけた

・彼の好みをリサーチし、「ショートカットの女の子が好きらしい」と言われたのをきっかけにロングヘアをばっさりカット。それが功を奏したのか、よく話しかけられるようになる

・外堀を固めるべく、派遣の子たちや彼の同僚に「○○君っていいよねー」とさりげなく自分の気持ちをアピール

・手を回して飲み会をセッティング、メールアドレス交換に成功(彼女から聞き出す)

・日常的にメールのやりとりをするようになる(発信はいつも彼女から)

・ただし、彼からのメールがいつも「Re:」「>」ばかりなのが気になる

・ご飯デートの誘いに成功(拍子抜けするほどあっさりOKをもらった)

・デートではできるかぎり身ぎれいにし、最高の自分を見せる。デート中も終始お行儀よく、お皿を片づけてくれた店員さんにもきちんと挨拶をするなどポイント稼ぎもぬかりなし

・その後もメールすれば返事が来るし、誘えば三回に一回は出てくる

・だけど向こうからはなんのアプローチもない

・「私のこと好きじゃないの?」と言ったら「いや、好きだけど」と言われるが、それだけ

・「もっとメールをまめにしてほしい」と言ったら「わかった」といったきり返事がない

・ある日とうとう、「本文履歴付きメール」の文字数が許容量を超えて送信不可になった

・恋愛指南本を読み、もっと向こうからメールさせたり、デートに誘わせるようなテクニックをあれこれ試したが効果なし

・いきなり「旅行に行こうか」と言われ、舞い上がるがその後その話はまったくなし

・占いで彼との相性を見てもらったら「年まわりが悪いから別れなさい」と言われた(料金:一時間二万円)

・放っておくと向こうからは一か月なんの連絡もない

・ついにキレて「お友達に戻りたい」と言ったら「了解」と返事が来た

彼女いわく、

「理系男子は女慣れしていないだろうから浮気なんかもきっとしない」

「未開発なだけだから自分仕様に仕込めばそれなりに成長するだろうし、手に職があるから不況でも食いっぱぐれはないと思ったんですよ。でも私、こんな草食系男子より、多少年収が低くてもいいから、きちんと向き合ってくれる人がいいです。でも私、実をいうと、彼のことまだ好きなんですよ。これだけコケにされるとなんていうか、なにがなんでも私の方に振り向かせてやる、とか思うじゃないですか。ねえ佐伯さん、私、一体どうしたらいいんでしょう???」

正直ベースで正解を言えば、彼は別に草食系男子じゃないし、ただ単にAちゃんに興味がないだけなんだろうと思う。ただ理系男子なのは確か。彼らは本命の女性に対しても「Re:」「>」「本文履歴つき返信」をやるからね。

でも、どんどん自分を見失ってってるAちゃんの気持ちもわからなくもない(というか、非常によくわかる)。Aちゃんが「うっとうしい女」になっちゃってるのは事実だけど、彼女をここまでうっとうしくさせちゃってる責任の一端は男にもある。

愛の反対は無関心。だけど、気がないのに気を持たせて女をどんどんアリ地獄へ落とし込むのも彼らの特徴。だから上記のAちゃんみたいにもがく女が出てくるのだ。

やっぱりね、男は女にここまでみっともないことさせちゃいけねーよ。ひっぱるだけひっぱって断るなんざぁ、男の風上にもおけねえ所業だ(←ここ、できれば『男はつらいよ』の寅さんのトーンで読んでください)。

ただこういうやりとり、今の平成の巷じゃすっごく多いんだろうなー、とも思う。

恥をしのんで追いかける女、ウナギのようにのらりくらりとかわす男。

こういう、相手がいるんだかいないんだかっていう、エア恋愛みたいな状況でモンモンとすることって、佐伯が20代の頃ってあんまりなかったような気がするのだ。

ああ、白馬の王子様はどこへ行った。じっさい今の時代、「男に追わせる」快感を楽しんでいるのって、ごく一部の手管のある女性だけで、あとの面々は一度ならず、上のAちゃんと似たような思いをしてるんじゃなかろうか。「受け身の男」ってここ10年くらいでほんとーに増えたよね。なんで? どうして? 佐伯サン、それがいちばん聞きたいの。


【理系男子に関する関連記事】