【不倫】既婚者の彼が最近前よりも冷たくなったと不安な時の対処法

id-100122426

不倫のはじまりは、独身同士の恋愛よりもずっと男性からのロマンティックな言葉と態度ではじまることが多いのです。

既婚男性は『自分は結婚をしているのにもかかわらず、彼女に付き合ってもらわなくてはいけない』とわかっているので、独身男性よりも優しくロマンティックにしないと相手にされないだろうという事を分かっていますし、また普段から奥さんと一緒に生活をしているので、“女性がどんなことに喜ぶのか?”というのは、独身男性よりもずっと心得ています。

そんな風にロマンティックな言葉と態度で始まった不倫もなんだか最近既婚者の彼が冷たいような気がするとい不安になってしまうことも多いと思います。

LINEのメッセージの回数がなんだか減ってきたような気がするとか、前よりも二人きりでデートをする機会が減ってきたなど、最近彼が冷たいような気がすると思ってしまうと、あれこれと不安な材料がでてきますよね。

こんな時に、どうすれば彼がもっと優しくしてくれるのか?もっと会いに来てくれたりメッセージをくれるようになるのか?という対処法についてご紹介をします。

既婚者の彼が冷たくなった時の対処法

基本的な男性の心理を知る

愛人である女性は、自分が愛されているのか?不安になってしまってわざと彼に問い詰めたり、彼の事を試すような言葉を言ってしまう事があります。

例えば彼から返事がない時に、「どうせ家族で仲良くすごしているんでしょう。さようなら」というようなメッセージを送ってしまうというようなことです。

これを送っている愛人の方は「連絡できなくてごめんね。君の事を考えていたけど、携帯を忘れていたんだ」というようなメッセージが欲しいと心の中で思っていて、そのような自分が本当は愛されているんだと安心したいからこそ、このような試すようなメッセージを送ってしまいます。

逆に、このメッセージを受け取った男性は、彼女の事を可愛いと思っていて愛していると思っていても、メッセージを見た瞬間に、自分が上記のようなメッセージを送れば二人の仲はうまくいくということはわかっていたとしても、ちょっと疲れてしまって、面倒だなとおもってしまいます。

もちろん、そんな風に、可愛い彼女を面倒な女にしてしまっているのも既婚者の彼はちゃんとわかっています。わかっているからこそ、彼女と距離を置きたいなとおもってしまうのです。それは、自分の力では彼女の事を幸せにできないと感じて一緒にいてあまり楽しいと思えなくなってしまうからです。

それならさっさとちゃんと離婚して結婚してくれればいいのにと思うのが愛人の心理でもありますが、男性の中には『仕事をこんなに頑張っているんだからそれ以外の煩わしいことは考えたくない』という思考を持っている人も多いのです。

愛人をつくる心理としても、家庭で自分があまり感謝されていないので、自分の事を認めてくれる人が欲しいとか、セックスして感情を解放させたいとか、自分がまだ独身女性に愛されるのか?自分の力を試したいなど、比較的自分本位な理由で、不倫をしているのが男性の心理でもあります。

そこに、とにかく愛されたい、愛が欲しいという愛人がハマってしまうと、先ほどいったとおり、愛人が本当に自分が愛されているのか?試すような行動をして、その行動に対して男性が疲れてしまって、距離をおくというようなことがおこります。

自分が最近このように、彼に対して、試すようなことをしてしまったり、自分で勝手に尽くしすぎてしまって疲れて彼に対して爆発してしまったりというように、既婚者の彼が距離を置きたいとおもうような行動をとっていないか?そこをまず振り返ってみましょう。

もし、思い当たるふしがあれば「この前はごめんね。ちょっとイライラしてて」というようにこの前の状態が普通ではなく、悪いことだと分かっているということを彼に伝えてみると、彼も安心して、また近づいてくる可能性があります。

 

彼が嫌がるようなことをした覚えがない場合

彼が嫌がるようなことをした覚えが全くないのに、彼から冷たくなってしまったという時は忙しかったり、妻にバレそうなどと理由があることがあるので、しつこく連絡をせずに相手から連絡が来るまで放置しておくことができるようになると、自然と彼が帰ってきます。