不倫相手の彼と会えない連休に読むと心が楽になる本

id-100483102

不倫をしている独身女性にとって、GW、年末年始などの連休は地獄といっても過言でないでしょう。連休の予定をウキウキとたてている人達を横目に嫌な思いをしている人も多いと思います。

そんな不倫相手の彼と会えない連休に、不倫に悩む女性にオススメしたい本があります。

不倫相手の彼と会えない連休に読むと心が楽になる本

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫相手の彼と会えない連休に心の栄養を

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

『ワンダー Wonder 』  R・J・パラシオ (著), 中井はるの (翻訳)

遺伝子の疾患により目が本来の場所から3センチも下についていて、その他のパーツもひどい状態として生まれたオーガストが10歳にしてはじめて普通の学校に通い人と接することで相手にも自分にも変化が起こっていくというお話

この本を不倫に悩む女性にオススメする理由

この本は、周りの人におすすめされてもなかなか読もうと思わない人も多いと思います。実は、私もその一人でした。けれども1/3.を過ぎた時には、もう読むことをやめられなくなります。それだけでも、不倫相手の彼に会えない時は辛い思いをしている女性に、彼のことを忘れられる特効薬として、オススメしたい本です。

けれどもそれだけではありません。不倫に悩む女性というのは、『私みたいなクズ女』というように、自分はどうしようもない駄目な女だと思ってしまっている人が多いのです。不倫というのは、駄目なのではなくて、不倫をせざる負えない理由があるのですが、”不倫”というだけで世間からのバッシングも大きいので、余計に不倫をしている女性は辛い気持ちになりやすくなってしまいます。

けれども、『私みたいな駄目な女』と思うということは不倫に執着させてしまったり、とても辛い思いをしてしまいます。けれどもこの本を読むと、自分がどれだけ幸せなのか?ということを感じることができますし、何よりも『自分はありのままで素晴らしい』と読み終わった時には思えるようになります。

このように、『自分はありのままで素晴らしい』と思えるということが、不倫に悩む女性にとっては、つらい気持ちから自分を解放することができる必要な思考になります。

是非、この『ワンダー wonder』を読んで誰でも自分はありのままで素晴らしい、そのままで褒められる存在なんだという事を感じて辛い気持ちを少し楽にしてみてください。