既婚男性がもっと愛したくなる彼女のわがままとは

id-100151686

既婚男性が不倫をしている場合、もっと彼女を愛したいと思う彼女のわがままともう付き合うのもうんざりという彼女のわがままが存在している。

今回は、もっと彼女の事が愛おしいと感じるわがままと彼女のことがうざいと思うわがままの違いについてご紹介します。

既婚男性が愛したくなる彼女のわがまま

既婚男性が愛したくなる彼女のわがままとは?

既婚男性がもっと彼女のことを愛したいと思うようになるわがままというのは、彼女が本当に叶えて欲しいわがままとはちょっと違います。

例えば、彼女のことがどんなに好きだと思っていても、1週間のハワイ旅行に連れて行ってというわがままというのは、既婚男性にとっては叶えてあげる事が難しいですよね。ましてや同じ会社だった場合、二人で1週間有給とるというのも現実的ではないですし、海外出張というのもなかなか厳しい言い訳ですよね。

このように、既婚者の彼がすぐに叶えられないようなわがままをいうと、既婚者の彼は『僕には彼女を幸せにすることができない』というようにとても嫌な気持ちになります。

既婚男性が、彼女のことをもっと愛したいと思うような彼女のわがままというのは、あくまで既婚男性がすぐに叶えられるようなわがままというのがもっと愛したいと思うようになります。

例えばなのですが、既婚男性が彼女の家に遊びに来るという時に、コンビニでも買えるような簡単に叶えられるわがままというのは、既婚男性がもっと彼女のことを愛したいとおもうようなわがままになります。

そして買っていってあげた時に大げさに喜ぶと男性は、自分の力で彼女のことを幸せにしたという満足感でいっぱいになって、男性の方も嬉しい気持ちになります。

 

既婚男性が彼女に会いたくなくなるわがままとは

先に述べたハワイ旅行もそうですが、彼女に会いたいと思えなくなるのは、下記のようなわがままになります。

  • 離婚したいと妻に言って欲しい
  • もっと会いに来て欲しい
  • なんで私の気持ちを理解してくれないの?
  • 私はこんなに寂しいのに分かってよ
  • 誕生日に会いたい

簡単には行けないような場所や家族にバレそうな場所でのデート

というような内容のことは、既婚男性にとって簡単に叶えられることではないので、彼女のその種類のわがままをいわれてしまうと、『彼女の望みを叶えられないダメな自分』と感じてしまうので、彼女に会いたいと思わなくなります。

そして、彼女がそのようなわがままをいううちに、だんだん彼の方も『既婚者だって分かって付き合っているんだろう』というような開き直りの気分になってしまいます。

これは、自分が悪いと思っていて、自分でも充分に理解しているのでこれ以上責めないでくれという気持ちのときに開き直りにはいってしまうのですが、愛人にとっては、『既婚なのに付き合ってもらっている』というようにある程度既婚者に罪悪感をもたせているときというのが、一番わがままをきいてもらいやすいのであって、愛人側から責めすぎてしまって、開き直られてしまっては愛人のほうが不利になってしまいます。

わがままを言わない彼女はどうなの?

では、全くわがままを言わないで彼のいいなりというような彼女はどうなのか?というとこれはこれで男性にとって物足りないと感じるようです。

特に不倫をしている男性は妻が強い人が多く、妻の意見に普段したがっていて、その逃げ場で不倫をしているという人が多いのですが、なんでも自分の言いなりになってくれる彼女は最初はいいのですが、そのうちに飽きてしまって結果的に彼女に会いたいとおもえなくなってしまうとのことでした。

 

一番既婚者の彼が彼女のことを愛したいと思うバランスはやはり、簡単に叶えられる事をやってもらって、大げさに喜ぶ事を繰り返し、だんだん自発的に彼の方からもっとやってあげたいと思うようにするという事です。

 

そうやって、既婚者の彼を調教していくことで、どんどん自分の思い通りに行動をさせていくというのが、上級者たちのテクニックです。