2017年不倫に悩む女性が幸せになる5つの方法

id-10027623

女性が独身で本気で不倫相手の彼と結婚したいと思っているけれども、不倫相手の彼の方が家族に対して離婚を切り出してくれない・・・。

このような状態の時が、この不倫を続けるべきなのか?それともやめるべきなのか?悩むところですよね。

不倫相手の彼が、本当に離婚を言い出してくれるのであれば、待っていてもいいかなと思えるけれども、5年以上も不倫関係を続けて、結果的に婚期も出産にしやすい時期も逃してしまって、後々後悔をしてしまうのではないか?そんな風に彼氏の事を好きだけれども信じきれない気持ちが、毎日を不安にしてしまっている。

たとえ、略奪婚ができたとしても、付き合っている彼氏の事をどこか信じきれないとおもうのであれば、結婚をしても『ちょっと帰りが遅い』=『浮気している』などと不安になって喧嘩をしやすくなってしまい、なかなか幸せな結婚をすることができない。

 

そこで2017年こそ不倫に悩む女性が幸せになれる5つの方法についてご紹介します。

 

2017年に不倫に悩む女性が幸せになれる方法

 

不倫をやめたいと思っている人が幸せになれる方法

不倫をやめて、独身男性と付き合って結婚したいけれども不倫をやめられないという気持ちで現在幸せになれないという人が、2017年は不倫をやめて、独身男性と付き合える方法につちえご紹介します。

 

まず不倫をやめたいけれどもやめられないと思っているということは、それは不倫相手の男性の事が好きなのではなく、単純に依存症状であるということを知った方が良い。それだけでも不倫をやめられる確率はあがる。

 

さらに、不倫をやめたいと思っている人は不倫がつらいからやめたいと思っている人が多い。逆にいえば、自分がつらいと感じているのにも関わらず不倫がやめられないというのは、自分の気持ちになにかやめられない理由があることがあります。

 

例えば、自分はすごく悪い子だとおもっているような場合は、自分で自分に罰をあたえなくてはいけないと無意識に思っていて、辛い不倫を自分で選択してしまっているというケースもあります。またある人はお父さんに小さいころあまり愛情がもらえなかったと思っているような場合、小さいころもらえなかった愛情をお父さんからもらおうとしているというケースもあります。このように、不倫をやめたいのにやめられないというのは、依存の一種なのですが、その依存しなくてはいけない理由もいくつかあります。自分が不倫をしなくてはいけない理由が一体何なのか?という事を知るという事は、来年こそ不倫をやめて幸せになりたいと思っている人には有効です。

 

代表的な不倫をしなくてはいけない理由

結婚をしたり、出産をしたり本当したくないから不倫を選ぶケース

お父さんからの愛情を欲しいとおもっているケース

お父さんの事が大好きすぎて、自分の好きな人も2番目しか空いていないから、相手も2番目の人が楽

ずっといい子でいることに疲れていて、悪いことをである不倫をすることで気持ちのバランスをとっている

 以上のようなことが理由で不倫をしている人の深層心理的な理由として、代表的なものだ。

 

不倫で略奪結婚をしたいと考えている人が幸せになる方法

不倫で略奪結婚をしたいと考えている人は、まずなぜ自分は略奪結婚をしたいのか?ということを考えてみてほしい。

中には、彼の子供が欲しいという人もいると思うし、彼と一緒にいたいと思う事が理由の人もいると思う。

ただ、そのどちらも彼が離婚をしなくても実現可能なことになるし、実際にそういう人生を選んでいる人もいる。

にもかかわらず、なぜ略奪結婚に執着してしまうのか?というと、一番人生が不幸になるパターンは、奥さんよりも自分を選んでもらう事で安心をしたいと考えてしまっているケース。

自分に自信がなくて、不安に感じる人に多い例になるが、奥さんよりも自分を選んでもらう事で、自分に自信をつけて彼に愛されている、選ばれていると感じたいというケースだ。このケースは、実際に略奪結婚をしても、彼氏の帰りが遅いというだけですぐに自分は浮気をされているのではないか?などと不安になってしまってあまり幸せになれなくなってしまう。

このタイプは、自分に自信をつけた後に、本当に彼と結婚をしたいのか?ということを考えてみたほうがよい。

結婚をして、一緒に生活となると、今ほど甘い言葉をいってくれなくなってしまったり、思い描いているほど実は楽しいものではないことも多い。

 

それでも、不倫に悩んでいる女性で、どうしても彼の事が大好きで彼以外は考えられない、彼と人生を一緒に行きたいと思っている人が2017年を幸せになる方法というのは、まず2017年はどこをゴールにするか?という事を考えてみては?

 

実際に家族に離婚をしたいということを伝えてから、養育費の費用の話をしてそこから実際に離婚となるまでには時間がかかることがある。

その為、家族は関係なく、まずは二人の恋愛ととらえて、離婚をしていなくても自分と一緒に暮らすようになればもうそれでよいと考えている人もいる。

 

また、不倫相手の彼が必ずしも離婚をしなくても、一人で育てられるという覚悟があるのであれば、子供を作ることも不可能ではないので、不倫相手の彼との間に子供をつくって一人で育てて幸せになるという人生の道を選んでいる人も実際にいる。

 

自分が略奪結婚をしたい理由についてもう一度かんがえてみるというのha

2017年を幸せに過ごす秘訣になる。