不倫のラブラブカップルになっている人達の特徴って!?

id-10033118

不倫という関係は、気持ちだけでしかつながれない関係なので、どうせ色んなリスクをふまえて、既婚者の彼とおつきあいをするのであれば、ラブラブカップルでいたいですよね。

もちろん、不倫だからこそ、何年たっても新鮮でラブラブカップルのままというような人もいれば、女性側が『どうせ身体目当てなんでしょ』と拗ねてしまっていて別れたいけど別れたくないを行ったり来たりしてしまっているような、既婚者の彼と一緒にいる時以外はあまり楽しくない女性にとって幸せにあまり感じられないような不倫カップルもいます。

不倫で、とにかくラブラブのカップル彼女の方も、既婚者の彼と付き合っているということが、とても幸せで、彼の方も彼女の事をとても愛していて、真剣に離婚をして彼女と結婚しようとしていたり、離婚はできなかったとしても、家族と一緒に住んでいる家をでて彼女と暮らしているような場合のカップルと、このように女性にとって幸せではない不倫カップルの違いはどこにあるのでしょうか?

今回は不倫のラブラブカップルになっている人達の特徴についてご紹介します。

不倫のラブラブカップルの特徴

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

女性がセックスに積極的

不倫のラブラブカップルの人達と、女性の方が“愛されていない”と不満を持っている不倫のカップルにいろいろ話を聞いてみると、ラブラブカップルの人達は女性がセックスに積極的なことが多く、『私は愛されていない』と思っている女性は、セックスの時も彼のなすがままで、毎回受け身のセックスで終わってしまっているということが、特徴としてみられました。

受け身のセックスであまり楽しそうにみえない上に、『自分が身体目的で愛されていない』と不満の状態になってしまっているので、せっかくセックスを通じてつながっている時間を、彼をもっと本気にさせるために工夫をしていません。

まずは、セックスから既婚者の彼が他の女性とはセックスをしても楽しくないと思えるくらいのセックスをして、既婚者の彼のことをどっぷりとセックスにハメたあとに、もっと会話などでも楽しませていくという積極的な姿勢がラブラブカップルになれる秘訣のようです。

例えば、不倫のラブラブカップルの人達は、女性が積極的におもちゃを買ってふたりともいままでしたことないようなセックスに挑戦をしてみたり、下着も既婚者の彼がわくわくするようなきわどい下着を買ってみたり、裸でエプロンで既婚者の彼が家に遊びに来るのを待ってみて既婚者の彼が奥さんに今まで言い出せなかったような願望を実現してみるという事も自ら楽しんでやっている。

既婚者の彼と一緒にコスプレを買ってセーラー服をきて先生ごっこをしてみたなんていう人もいます。

このように、とにかく女性がセックスに対して積極的で、男性向けのAVビデオをみて、男性が興奮する表情を研究していたり、セックスをする場所もマンネリにならないようにいろいろ変えてみることを自分から提案しているような人は、何十年も不倫関係で、ラブラブカップルでいられる人が多かったです。

このように、女性が積極的にセックスを楽しんでいるので、既婚男性の方もセックスをしていて楽しいと感じたり、もっと刺激的なことを二人で考えて挑戦してみたりと、セックスを二人で楽しみながら二人だけの感じるセックスを作りあげることができるようになると、不倫でも何年でもラブラブカップルでいれます。

特に、家族となっている奥さんとの間では日本は半分近い夫婦がセックスレスになっていたり、セックスレスでない状態だったとしても、夫婦のセックスに対して二人が積極的に工夫をしたり楽しくなるようにしようとマンネリ防止に努めているということはほとんどないので、不倫においてセックスが楽しいというのは、ラブラブカップルの大きなポイントになります。

セックスに関するテクニックは、もちろんなのですが、毎回彼の反応をみながら、彼が他の人とセックスできないくらいに、彼のカスタマイズをしていた結果、彼が他の人とセックスをしても楽しくない感じて、他の愛人も全部きって彼女だけになったというようなケースもあります。

 

尽くすのではなく楽しんで与える

不倫のラブラブカップルの女性というのは、無理して尽くすのではなく、どうすれば男性が喜んでもらえるかな?ということを、常に楽しみながら考えて行動をしているというところが特徴的でした。

逆に、『私は身体目的だ』とすねてしまっているような女性は、既婚者の男性に突然会いたいと言われれば会いにいくのですが、そのようなときも『突然呼び出しがかかるなんて愛されていない』などと、会っている間以外はほとんど楽しくない人が多かったです。

男性に言われたことをやるのではなく自分から率先していろいろと彼が喜ぶことを考えて彼の反応を見ている女性がいつまでもラブラブカップルでいられる理由としては、彼が喜ぶことをやるためには、彼の事をよくみて観察をしなくてはできないことになります。

そのため、彼の事を喜ばせるためにどんなことをしようかなと彼の事を理解しようとするという姿勢は、結果的に、既婚者の彼について誰よりも詳しくなることができるので、既婚者の彼にとって、言わなくても自分の事を理解してくれるVIPでいられる空間を癒しと感じて手放したくないと思うようになります。

逆に『彼に愛されていない』と不満になってしまう人というのは、一緒にいる間でも、彼にもっと○○してほしいとか、自分が、彼に求めることが多くて彼が喜ぶことをちゃんとやるために彼のことをじっくりとみるということができていないという人が多いので、一緒にいる彼氏がだんだん疲れてきてしまいます。

最初は、彼の方も既婚者なのに付き合ってもらっているという負い目があるので、出来る限り彼女に優しくするのですが、彼女の方は、もっと欲しいもっと欲しいと常に愛を要求しますし、内容もどんどんエスカレートするので、最初は会うだけで笑顔で喜んでいた彼女が、休日に旅行に行きたいとなり、離婚をしてくれないなら愛している証拠にならないなどとすぐに離婚をすることを要求しだしてしまったり、だんだん彼の方も答えきれなくなってしまうのです。

また、彼に○○してといわれたことを不満に思いながらも、嫌われたくないという思いで彼の言いなりになってしまう人というのは、既婚者の彼にとってもいいなりすぎて飽きてしまうので一緒にいて楽しくないと感じるようになります。

彼に言われたことをただ嫌われたくないから行う『尽くす』という行為ではなく、自分から彼が喜ぶことを考えて率先して、自分も楽しみながら行うというように行動を変えることがラブラブカップルでい続ける秘訣です。

 

不倫のラブラブカップルは女性が外見に気をつけている

不倫のラブラブカップルの場合は、女性がとても外見に気を付けていて、実年齢よりも10歳以上も若くみえる人も多くいます。

不倫のラブラブカップルの女性は、年齢を重ねても『現役感』にあふれていて、他の男性からみても、セックスしたい女でい続けていますし、特にバストとウエストの高低差がはっきりわかるようにして男性の本能を刺激する事を意識していたり、女性としての丸みのある身体や色が白く艶かしくみえるようにするなど、いつまでもエロい女である事を意識していました。

また、既婚者の彼を飽きさせないということにもちゃんと計算されていて、毎回同じ雰囲気にならないように、けれども地味すぎないで華やかな雰囲気になるようにというようなことを考えて服装やヘアスタイルなどにも気を使っている人がラブラブカップルでい続ける秘訣のようです。

 

ラブラブカップルは関係を楽しんでいる

ここまでいろいろみてお気づきかもしれませんが、不倫でラブラブカップルというのは、不倫の関係を女性自身が楽しんでやっているということがラブラブカップルでいられることの一番の秘訣でした。

やはり、女性側に「結婚できないならこの関係は意味がない」というような思いがある場合というのは、不倫でもラブラブカップルというようにはいかずに、最初は男性側がいろいろと尽くして、彼女のご機嫌をとるのですが、そのうちに男性の方も飽きてきてしまって、だんだんと彼女の為にいろいろとやってあげることをやめてしまうようになります。

 

その後、女性の方が既婚男性に寂しさを爆発させてしまって関係が終わるという状態になることが多かったです。

ラブラブカップルで維持し続ける為には、女性が不倫という関係を明るく楽しむ事が秘訣になります。