既婚者の彼がずっと一緒いたいと思う愛人の特徴

ID-100107418

既婚者の彼がずっと一緒にいたいなと思うような愛人の特徴について、実際に不倫をしている既婚男性の意見なども踏まえて、あげてみました。

不倫をしている女性は、どうしても悩みが深くなってしまって、自分の感情を抑えきれずに既婚者の彼がずっと一緒にいたいと思うような行動と逆の行動を、感情が爆発してとってしまう人が多いので、既婚者の彼がずっと一緒にいたいと思う行動を常に手帳など頻繁に自分がみるところに書いて気を付けるようにすることが大事。

既婚者の彼がずっと一緒にいたいと思う愛人の特徴

既婚者の彼の影響を受ける愛人

不倫をする男性というのは、基本的に承認欲求を満たしてほしいと思っている人が多いことが特徴です。

その為、自分が愛人に何かを教えてあげて、愛人が影響を受けて変わるというような、愛人の中に自分の影響を感じると、不倫男性はうれしくなって、その愛人の事を大事にしようとする。

 既婚者の彼の好きなものを一緒に楽しめるようになったり、既婚者の彼と一緒に楽しめるようになる為に既婚者の彼に教えてもらったりというようなコミュニケーションがあると、既婚者の彼は喜ぶ

 既婚者の彼に感謝をする愛人

既婚者の彼に対して、常に感謝を口に出して伝える愛人というのは、既婚者の彼が離したくないと思うようになります。

不倫にはまる女性は自分は価値のない女性だと思ってしまうような人が多く、既婚者の彼がなにか愛人の為に行動をしてくれた時に『私の為にこんなことをしてくれるなんて申し訳ない』と思ってしまう傾向がある。

そういう風に自分を卑下してしまうと既婚者の彼にもその気持ちが伝わってしまい、大事にしなくていいんだなと思われてしまうので、『こんな風にしてもらって申し訳ない』という言葉を、『ありがとうとっても嬉しい』というように笑顔でいるようにしましょう。

申し訳ないという言葉では、なかなか自分を笑顔にすることができません。既婚者の男性は笑顔でいる愛人の事をずっと守りたいと思うようになるのです。申し訳ないと常にいっているようでは、笑顔どころが、下を向いておどおどとしてしまうようなことが多いでしょう。そのようにならないように、既婚者の男性には『ありがとう』と笑顔で伝えるように習慣づけましょう。

とにかく既婚者の彼の存在を認める愛人

これは、もう習慣というか、口癖になるくらい、「さすが◎◎さん△△には詳しい。勉強になる」などと、常に既婚者の彼の事を褒めたり、既婚者の彼の存在を褒めるように意識をしてみよう。

そうすると、既婚者の彼にとっていつもありのままの自分を受けいれて肯定してくれる存在というのは、手放せない女性になる。

けれども、不倫をしている女性というのは、『なんで離婚話をすすめてくれないの?』『離婚をする気なら旅行なんていかなくていいでしょ』というように、既婚者の彼が自分に対して本当に愛してくれているのか?確かめるために、既婚者の彼をなじってしまったり、責めてしまうような言動を強くしてしまう事が多い。

ただ、一言『そんな事ないよ。不安な気持ちにさせてごめんね』といってくれれば自分が安心できるので、そのようなことをいってしまったりするのだが、不倫男性の気持ちからすると、癒されたいと思って愛人をつくっているのに、妻と同じように自分をひていするようになってしまうのであれば、妻とわざわざ離婚してまで愛人と一緒になる必要はないかななどと心ひそかに思ってしまうようになる。

これでは当然既婚者の彼がずっと一緒にいたいと思うような愛人とはいえない。既婚者の彼の事を無条件で受け入れて、たとえ自分が気に入らないような行動だったとしても、その行動には既婚者の彼なりの理由が必ず存在しています。

その気持ちをまずは受けいれてあげるようにしましょう。

例えば、『なんで旅行なんていくのよ』というように既婚者の彼を責めるのではなく、『仕事忙しいのに少ない休みも家族サービスで大変だったね』というように、既婚者の彼の気持ちを理解して受け入れてあげるようになると既婚者の彼は手放したくない女性と思うようになる。

以上が、既婚者の彼がずっと一緒にいたいと思う愛人の特徴になります。自分の気持ちを抑えて彼の喜ぶことをするということが、一番大変だと思います。

自分の気持ちが爆発してしまいそうなときは、カウンセリングなどをつかって、自分の気持ちを既婚者の彼以外のところで発散させて、既婚者の彼にぶつけないようにうまくコントロールをしていきましょう。