不倫相手から連絡が来ない?飽きられたのか見分ける

ID-100112353

不倫相手の彼から連絡が減ってきてしまって、不倫相手の彼に飽きられてしまったのか?不安な時に他に愛人ができたのか?見分ける方法ついて、予約がとれない不倫カウンセラーとして人気の高野那々さんに教えて頂きました

不倫相手から連絡が来ない?飽きられた?

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

【高野さんのお話】

複数の愛人の存在とセックスの回数

「自分の他にも愛人がいるのではないだろうか?というように、不倫相手の彼の複数の愛人の存在が、気になった時の見分け方なのですが、一番大きいのは不倫相手の彼とのセックスの回数です。

不倫という関係をはじめ繋げるものは、やはりセックスが占める要素は大きいですから、10回デートしていて、7回はセックスがあったのに、そのセックスの回数が2回になったとすれば、ちょっとおかしいなと考えてもいいかもしれません。

例えば、私のところに相談に来て下さるお客様の場合、不倫相手の男性と会う回数がだいたい月2回が平均になります。その月2回のうち2回ともセックスをしていたのにも関わらず、セックスが1回になったという時や毎週あっているカップルでしたら、月4回のセックスが月2回になった時というのは、他に愛人の方ができたという可能性もあります。

そうはいいましても、付き合っている不倫相手の男性の方の年齢が70歳だったり60歳だった場合というのは、不倫男性の性欲が自然と減衰してきてセックスをあまりしなくなったという事もあります。

複数の愛人がいる確率は?

「ただ、私が今まで700人以上の不倫のお悩みのご相談にのってまいりましたが、自分の他に実際に愛人がいらっしゃったという方は本当に数名です。

やはり、家庭があって、さらに愛人もいて、そこにさらに別の方と付き合おうと思うほどエネルギーがある方もなかなかいないというのもありますが、そこまで性欲が強い方というのは、元から複数名愛人の方がいるという事もありますので、なかなか愛人の方が“なんかおかしい”と気づくことも少ないのです。

毎日会いに来てくれていたのですが、仕事中でもないのに、連絡が途切れる時があって探偵をつけてみたら、他に愛人がたくさんいたという人は、いましたが本当にそういうケースは少数でほとんどないと思ってよいとおもいます。

たとえ、他に愛人がいたとしても、自分が本命だと思っていれば良いと思います。男性の1

割くらいは色んな女の子とセックスをしたいという男性がいますが、常に自分が不倫相手の男性の一番なんだと思って、態度や不倫相手の彼に対する言葉などに気を付けた方が幸せになれると思います。」

連絡が減ったら飽きられている証拠?

「男性の思考は1点集中思考になるので、必ずしも連絡が減ったら飽きている証拠になるという事はありません。毎日送りあっていた『おやすみ』『おはよう』の連絡がなくなったとしても、飽きているという証拠にはなりません。

女性は恋愛が上手くいってこそ、仕事にもやりがいがあるのでてきますが、男性は仕事が上手くいっていない時は恋愛にうつつをぬかしてなんていられないという状態になります。

 その為、やらなくてはいけないプロジェクトがあるとそちらに集中してしまう傾向があります。今まででしたら、1時間に1回は連絡があったような関係で、すぐにLINEメッセージの返信があったのに、LINEメッセージはずっと未読スルーや既読スルーになって、寝る前の『おやすみ』というメッセージしか不倫相手の彼から来なくなってしまったという事はあります。

不倫相手の彼が仕事で忙しくてそのような状態になっているような時に、“私の事なんてもう冷めてどうでもよくなったのね”というような思考をあなたが持ってしまうと、うまくいかなくなってしまいます。

連絡の回数だけに集中するのではなく、セックスの回数もそうですが100%当てはまるわけではないという事を忘れずにいてください。」

不倫相手の彼が飽きている時の必殺技

「不倫相手の彼の気持ちが冷めてきているのではないか?と不安になった時に、やるべき事があります。

実は不倫相手の彼が情熱的だったけれども、だんだん冷たくなってきたのではなく、実際は、愛人である女性の方が、付き合った当初とは外見や中身が変わってしまったから不倫相手の彼の態度が変わってしまったという事の方が多いのです。

“前と比べると、なんだか最近は、あまり会ってくれない”とか、“どうせ私は2番目で奥さんの方が大事なんでしょう”とかそんな言動をしてしまっていたというように自分の態度をもう一度振り返ってみてください。

不倫相手と会えるという事が、当たり前になってくると、不満ばかりが目について、前は、愛人の方が、ただ会えるだけで嬉しくて、不倫相手の彼に会うと笑顔になっていたのにも拘らず、最近は、不倫相手の彼がせっかく会いに来てくれたのに、寂しそうな顔をしているという事がとっても多いのです。

もし付き合いだして彼が冷たくなったと感じたら、まずは自分の態度が付き合い始めと変わっていないか?という事を考えてみた方がいいと思います。」

というのが高野さんのお話しでした。男性は仕事が上手くいっていないような状態では恋愛なんかにうつつを抜かしている場合じゃないという心理状況になるという事なので、不倫相手の彼からLINEメッセージが来ないとパニックになってしまうLINEの返信の事しか考えられないような状態にならないように、あまり気にしない方が不倫相手の彼との関係は上手くいくそうです。


高野那々 

_MG_0321

不倫恋愛を成就させたい女性向けに、カウンセリングやセミナー活動を行っている。

7年間で、64組のカップルを、不倫恋愛から結婚へと導びいている。「不倫が人を不幸にするのではなく、考え方次第で幸せにも不幸せにもなる」「考え方を変えれば、相手も変わり、人生も変わる」この考えに基づきながら、クライアント様に問題解決の提案を行っている。

ブログ:http://nayami-kaiketsu.jp/archives/8