不倫で結婚が近づいている時に見る夢

ID-100333459

夢占いに詳しいMANOCA先生に不倫で悩んでいる女の子に不倫状態でも自分の結婚が近づいている時に見る夢について教えて頂きました。

不倫で自分の結婚が近づいている時に見る夢

  • 憧れのシンボルのプレゼント

「指輪をプレゼントされる夢は、結婚が近づいている事を意味しています。幸せが舞い込んでくる暗示です。独身者が見た場合に近いうちに結婚するという意味になります。指輪の夢は昔から結婚に深く関係があるといわれています。親指か、人差し指に指輪をする夢は、あなたのほうが彼より立場や感情面において強いといった意味になり、かかあ殿下体質になる事を意味しています。」

 

  • 指輪の状態によって意味が変わってくる

「不倫相手の彼に指輪をプレゼントしてもらう夢であれば、不倫相手との結婚を意味している状態になります。ただ、指輪をなくしてしまう夢というのは、逆に別れを意味しています。特に一生懸命になくした指輪を探しても見つからないというような場合は永遠の別れという事を意味しています。

指輪をはめる夢は、恋人が新しくできるなど恋愛で嬉しいことがある事を暗示していたり、指輪を隠す夢は不倫の後ろめたい気持ち、秘密の男女関係を続けたいという気持ちの表れです。リアルの世界で、やがて、相手を傷つけてしまう恐れがあります。不倫相手に対する言動に注意しましょう。

指輪を投げたり捨てたりする夢は、相手にたいし、しっくりいかず、決別を望んでいるのかもしれません。誰かが拾ってくれる夢なら、あなたに好意を寄せてくれる人の出現を暗示します。」

 というのがMANOCA先生のお話しでした。不倫相手の彼に指輪をプレゼントされる夢や、指輪をはめてもらう夢をみたら不倫相手の彼との結婚を暗示しているようです。

インタビュー:MANOCA先生