不倫で重いと思われる女性と愛される女性の違いは?

ID-10085892 

 不倫関係で、本気で好きな状態の時に彼に“重い”と思われてしまうか?愛されるのか?というのは似たような事をしていても実は大きく違っていて、相手の態度が変わってきます。重い女性になるよりも愛される女性を目指して、思いっきり不倫相手の彼に愛される女性になった方が毎日が楽しく過ごせますよね。

今回は、不倫に悩んでいる方が毎日楽しく過ごせるように重い女と思われるのと愛される女の違いについてご紹介します。

不倫で重い女性と愛される女性の違い?

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫で重いと思われる女の特徴

自分でもこんな行動は重いと、既婚の彼氏に思われると分かっていながらもやってしまうタイプの女性と、強がって重くないふりをしているのにも関わらず結果的に重くなってしまっているという人もいます。

どちらにしても、自分では、自分の感情をコントロールすることができなくなってしまっていたり、自分では重くないと思っているけれども、口にだしていない思いを相手の男性に感じられてしまって、重いなと思われてしまっているというようなこともあります。

我慢をしすぎてしまって重い女

不倫で重いと思われてしまう女性の特徴として、自分のこうやったらきっと愛されるだろうという思い込みの状態で、常に突っ走っていて、その結果、自分がこうしたいという思いを我慢しすぎてしまっている事があります。

我慢しているのだから相手には伝わっていないと思われがちなのですが、我慢していることって、実は相手の男性に伝わってしまっていて、じっとりとした空気を男性は感じ取っていて、重い女だと思ってしまっています。

また重い女がやってしまいがちなことは、男性の愛したい、愛情をこうやって伝えたいなという行動を、自分の思い込みで勝手に壊してしまって、不倫男性をがっかりさせて、自分がきっとこうやったら愛されるわという思い込みで、自分がこうやれば愛されるのだろうと思い込んでいる思い込みを押しつけてしまっていることが多いのです。

ちょっとわかりにくいので例をあげますね。

たとえば、既婚男性が『銀座の高い寿司でもくいにいくか』といった場合、既婚男性は、独身女性に高い寿司を食べさせることで自分の力を示したいし、愛している事を表したいと思っています。

不倫男性は、この時、豪華な寿司を彼女に食べさせたいと思っていて、それが彼なりの愛し方なんです。けれども彼女にとっては、高い寿司なんて彼に負担をかけたくないと思って、このような発言をしています。けれどもこれは自分の愛し方と愛され方を強要していることになってしまうんですね。

どういう事か?もう少し詳しくみてみましょう。

不倫男性の発言:『豪華な寿司を食べにいこう』

不倫男性心理(豪華な寿司で喜ばせよう。豪華な寿司を奢れる俺の力を示したい)

愛されない不倫女性の発言:『えーそんな高いお寿司いいよ』

愛されない不倫女性の心理:(謙虚な方が可愛いと思って愛してもらえる)

こんな風にすれ違っていて、完全に不倫男性の愛したいと愛されない不倫女性は拒否していて、自分なりのこうすれば愛されるはずという思い込みでつっぱしってしまっているんです。これが実は不倫で重い女と思われやすくなる原因を作ってしまっているんです。

その結果、こんなに私は我慢していい子でいるのに、大切にしてもらえないと思って爆発をしてしまいます。

本当に、性格が良い女の子程、小さい時から親に我慢すれば報われるというような教えを受けていて、その結果愛されない不倫女性になってしまいやすいんですよね。自分さえ我慢すればと思っているのですが、我慢するべき場所がちょっとずれてしまっているので、自分が好きになるといつもフラれてしまいやすいんです。

不倫で重いすぐに泣く女

最初は、不倫相手の女性が泣いた時に、不倫男性が可愛いと思ったり罪悪感で彼が不倫女性の言う事をきくということが何回か続いてしまうと、今度は女の子の方が、無意識に彼に自分の言う事をきいてほしいから泣くようになってしまいます。心の底で泣いたら彼が言うことを聞いてくれるということを覚えてしまった状態です。

何度もしつこくいいますが、不倫男性がこうやって愛したいということは、勝手に削除をしてしまって、自分が思い描いている『愛される女はこういう事をしてもらえる』という思い込みを不倫男性に押し付けるのですが、不倫男性は当然それに素直にしたがってくれないんです。

そうすうと、自分はこんなにも我慢しているのに愛されないというように悲しい気持ちになって涙が出てきてしまいますよね。不倫女性の涙というのは不倫男性にとっては危機感がある事なんですよね。それで不倫男性が不倫女性の涙を見た時についつい不倫女性が求めている要求に合わせてくれる。

これが、愛されることが下手な不倫女性にとっては、唯一不倫男性が思い通りに動いてくれてこれが快感になってしまうんです。もちろん無意識に快感になっているのですが、やっと愛されている女になれた気がしてしまい、今度はこれを繰り返してしまいます。

そうすると、不倫相手の彼は彼女の支配とかコントロール欲を感じて気分が重くなってしまいます。これが不倫で重い女の一番になる泣いて不倫男性をコントロールする女ができあがってしまうんです。

不倫で自分の要求を押し付ける重い女

不倫相手の彼がすぐに行動できないような事を、しつこくお願いするという行為も、行っている彼女からすれば、自分の思いを爆発させているだけなのですが、不倫男性はそんなことを気づきません。

重い不倫女性は、一生懸命にこうやれば愛されるだろうという自分の思い込みの為に色々と我慢に我慢を積み重ねます。その結果、我慢したご褒美が欲しくなってしまうんです。それが自分が思っている彼がこうやったら自分は愛されていると感じられることなんですね。

けれども、男の人は基本的に自分は出来る人間なんだと感じさせてくれる女の子の事が好きなので、すぐにできない事をなんども不倫女性から求められてしまうと本当に辛いなという気持ちになってしまいます。

例えば一番多いのは、「早く奥さんに離婚の事いってよ。いつ言ってくれるの?言ってくれないなんて私のこと本気じゃないんでしょ」

というような事は不倫男性が一番嫌う、重い不倫女性の典型態度になってしまいます。

また重い女というのは、基本的に自分は愛される価値がないと思っているので、常に彼に行動を明確化してもらうことによって、確かめないと不安になる為、男の人を疲れさせる傾向があります。本当は不倫男性は違う形で愛情を一生懸命に示しているのですが、重い不倫女性はこのことに気づけないんです。

人間には返報性の原理というのがあって、相手からなにか与えられたら返さなきゃいけないと思うような事が社会的に備わっています。その為一方的に『愛してる』と繰り返されたり、連絡が一方的にどんどんくると重い不倫女性と思われてしまいます。

彼が愛してるといった軽く返すそのくらいのバランスで付き合うと上手くいく

その為にも、彼とは関係ない自分の人生設計について一度考えてみた方がよい。たとえば資格をとって、◎年後にはこういう仕事をしたいとか、お金をいくら稼げるようになりたいとか、彼がいなくても自分で達成できる将来設計を考えてみてみてください。

彼との結婚だけをゴールにしていると、結果的に重い女思われるような行動にでやすいので、彼と結婚してもしなくても関係なく幸せになれる事も自分で見つけて頑張っていると、そこまで彼に依存をしなくてもすんで結果的に、自分自身も輝けるので愛される女になる事ができます。

すぐに別れるという重い女

自分がのぞむ『愛される女』に既婚者の彼が合わない態度をとると、『もう別れる』という女性がいます。『もう別れる』というので、一見重くなさそうなのですが、これは泣く女と同じ事が起こっています。

最初は、『もう別れる』というと、既婚男性があわてて自分の言うことをきいてくれます。その結果、『自分の愛される女』のイメージどおりの行動を既婚男性にとらせようとしてしまいます。

そのように男性をコントロールしようとするのは、既婚男性にとって重い女になります。

不倫で愛される女性の特徴

重い女ではなく愛される女とはどのような人でしょうか?

相手の影響をすぐに受ける女は愛される

自分が愛されているか?不安で甘えるのが怖くてついつい、不倫相手の彼に対して可愛くない態度をとってしまったり、不倫相手の彼に対して強がってしまう事ってありますよね?

けれども、一緒にいる時に強がってしまう態度に、不倫男性が気づいてくれることってほとんどないんです。本当は強がっている姿に気づいて、「なんだ可愛いな」とか不倫男性に行ってもらえたら最高なのですが、残念ながら実際はそんな風にはならず面倒くさい女とかかわいくないと思われてしまいます。

既婚男性が、不倫をしている理由のひとつとして、自分の妻が子供の事にかかりっきりで自分のことだけをみてくれる女性が欲しいという理由がある。

そんな時に愛人が、自分が愛されているか?不安だからとつい強がってしまって、一緒にいる時に冷たくしたり、強がってしまう態度をとってしまうと、男性は疲れるなと思ってだんだん愛人に会う事から遠ざかってしまいます。

1990年生まれ以降の男性になると、大分女性の本当の姿を見れるような男性もでてくるのですが、今の時点の不倫男性はほとんど、女性の表面的な部分しか見ない、いわゆるぶりっ子に騙されてしまうような世代なんです。

たとえば彼が「モコモコした部屋着とかかわいいな。着ないの?」といっているのに「あんなの本当に着てる人いないわよ」というような発言をついとってしまう不倫をしている女性がいるんです。

こういう人は自分に、愛されているという自信がないので、ついつい自分が正しいという事で相手を攻撃してしまう傾向があります。普段から自分は本当は愛されていないという不安や怒りがあるので、不倫相手の彼を攻撃してしまいます。

その他、本当は弱い自分を知られるのが怖いので、強い言葉で鎧をまとってしまうような形になります。ただ、不倫相手の男性はそこまで心の奥底を読んでくれずに表面的な言葉をそのままうけとってしまうんですね。

このように、彼の願望を粉々に打ち砕く女性は、愛されないんです。なぜなら男は自分が影響をうける女というのが好きだからです。普通の恋愛でも自分の影響をうける女性を可愛いなと思うのですが、不倫の場合は、妻が普段男性に対して攻撃的にすることが多いので、特に素直に影響を受ける女性を可愛いなと思う傾向があります。

愛される女性とはどのような人かと言うと、下記のようなものになります。

不倫男性「モコモコした部屋着とかかわいいな。着ないの?」

女性「きたことないけど、あなたが言うなら買ってみようかしら」

次会ったときはモコモコの部屋着を着て

女性「買ってみたんだけど、どうかな?」

というような素直力と彼から影響をうけています力を見事に発揮している状態になります。こんな風に対応できる人というのは愛される傾向が強いの女性になります。

特に、既婚者で不倫している男性というのは自己顕示欲が強いので、自分が彼女の人生に影響を与えるというような感覚や彼女が自分によって磨かれていくことが嬉しくて、それによって自分の力を感じるようなところもあります。

相手の愛したいをちゃんとうけとる

相手の愛したいとうけとるってちょっと意味わかりませんよね?こんなに愛されたくて愛されたくて、常に彼からの愛を求めている状態なのに、受け取っていないわけない!もっと欲しい!と思っている不倫女性は多いのですが、実はこう思っている方は要注意です。

なぜなら、不倫男性の愛したいという愛を捨ててしまっていて、自分の求める愛され像を彼に押し付けてしまっていた結果、そんな愛人に対して、不倫男性がただ面倒くさいと思ってしまっている事って実は多いんです。

愛される女性というのは、自分が愛してほしい形で愛してもらう事を望んで、不倫男性にあれこれ指図したりということをしません。あくまで、不倫男性が愛したいと思っている愛し方に合わせるのです。(ここが一番のポイントです)

  • 愛される女の会話例

彼「今日は豪華な寿司をたべにいこう」

女「わぁ素敵。お寿司食べたいと思っていたの」

というように、彼の提案に対して喜んで見せる事ができるのが愛される女性の特徴なんです。これに対して重い女というのは、「えーそんな高いお寿司いいよ」というように無意識に自分にはそんな価値がないと思い込んでいて、不倫男性の愛したいという気持ちを拒否してしまうので男の人をがっかりさせてしまいます。