男が不倫を辞めるやめどきってどんな時?

ID-10067397

既婚の男性にとって、不倫を辞めるメリットがないと言われている。それでも不倫を男の人が辞めようと決意するのはどんな時なのか?実際に不倫をしている人が、あげているのは下記の通り。 

男が不倫を辞めるやめどきってどんな時?

このように、男が不倫を辞めようと決意した瞬間というのは、自分勝手な理由によるものが多く、本気で不倫相手の男の人を好きになっていた独身女性からみると、辛いものが多い。不倫をする男性というのはどうしても自己中心的な考え方をする傾向があり、好きになっている人からみると見えにくい部分かもしれないが、紙に不倫相手の彼の言葉ではなく、行動だけを書き出してみると分かりやすく不倫相手の彼が自己中心的な事を行っている事が分かる。

  • 奥さんにバレそうになった時

これは本気の不倫ではなく、あくまで彼にとって家庭が大事で一番でありその上で、自分の恋心をときめかせるような不倫というものが存在している状態の場合のケース。当然家庭があってこその不倫なので、奥さんにバレそうというのは一大事になる。

このタイプは週末に連絡を一切しなかったり、夜は一切連絡をしないというように、あくまで奥さんにバレない事を一番に大事にした行動を普段からとっているのでわかりやすい。また、突然会えなくなったりというドタキャンが多いのもこのタイプの特徴。奥さんに突然何かを言われたりして、そちらを優先させるという傾向が強いからだ。

また逆のケースもある。夜中に突然連絡してきて、「今から会えそう」というような場合。これも今日実家から帰る予定だった奥さんが帰れなくなったなど奥さんの予定に合わせて行動した結果、夜中の突然の「今から会えそうなんだけど」という連絡になる。

確かに不倫を続けるうえでは周りにバレない方が何かと有利に進むことが多い。ただ不倫をしている独身女性にとって、彼にドタキャンされるのが当たり前になってしまうというのは、自分をその程度の人間だと思ってしまう傾向もあるので、ドタキャンが続くようであれば、不倫のやめ時かもしれない。

  • 愛人が結婚を迫って面倒になった時

2年くらいで、付き合っている女の子が今の関係をもっとはっきりさせたいなど、結婚をせまるようになってくると、面倒だと感じて別れを決意するタイプがいる。このタイプに限って、付き合い始めや付き合っている最中には、「ずっと一緒にいたい」とか、「奥さんとは離婚を考えている」というようなことをいって、女の子を本気にさせてしまうようなセリフを平気でいう。

結婚や子供が欲しいなど愛人が二人の関係において、次のステージにいきたいというような事をほのめかした瞬間だ。この場合の不倫男性も当然家庭がまずあってその上での不倫なので、次のステージに愛人といこうというのはない。

その為、不倫をやめどきかなとおもってやめるという。

  • 不倫をしている余裕がなくなった時

仕事が忙しいとか、家族が病気とかなにかしらの理由で不倫をしている余裕がなくなったときに男が不倫をやめる時がある。また金銭的にも、最初はお小遣いの中でなんとかやりくりをしていたけれども、だんだん

このように、男が不倫をやめるというの自分勝手な理由であることも多いので、不倫で男の人から別れを言われた時は、追いかけずに他の男の人に行った方が、幸せになれる確率があがる。それでもどうしても彼が良いという人は、まず独身の男性にたくさん言い寄られるように自分を磨いて、男心を研究し、逆に彼を虜にする女になる事が大事