【不倫】3年を過ぎても彼に愛され続けている人がやったこと

ID-100285722

恋愛というのは3年で終わるようにできているという。ドキドキを出す脳内麻薬成分であるドーパミンが3年以上も続いてしまうと生物として、身体がもたないからというのが理由。今回はそんな人々がどのようにやっているか?という事について調べてみた。

不倫で3年を過ぎても愛され続ける女性の秘密

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

結婚という形にしばられていない不倫の場合、ドキドキ期間を過ぎても彼に愛され続けるために努力をし続けなくてはいけない

外見を不倫相手の彼好みにキープし愛され続ける

何年も愛人をやっていて、彼が奥さんのところよりも自分の家にほとんど帰ってくるというような状態を保っている人は、とにかく常に外見を彼好みにキープしている人が多い。特に、アンチエイジングに気を遣っていた

その中でも一番に気を使っているのは“肌”なのだとか。彼がいつでも触りたい、抱きたいと思うように肌の手入れを徹底的に行っている人が多く、肌が一番に見た目年齢を決めることもあり、年齢も軽く15歳は下にみられるような人が多い。

また、若く見える肌というのは、妊娠可能という事を表していて、男の人にとっては肌が綺麗=興奮する材料となるので、肌を常に綺麗にキープする事は不倫相手の彼を何年たっても虜にするテクニックでもある。

また不倫相手の彼の好みの外見というのがあると思う。奥さんと全く別のタイプを愛人に求めている場合もあれば、昔は奥さんも綺麗にしていたのに、今はすっかり失ってしまったものを求めている場合もあるが、一番簡単なのはできるだけ彼が一番はじめに口説いてきた時の状態をキープする事だ。その時に可愛い雰囲気だったら、年を重ねても可愛い人でいる事を努力し、彼がいちばん最初に口説いてきた時に色っぽい雰囲気であれば色っぽい雰囲気をキープする事が愛され続けるコツになる。

不倫相手の承認欲求を満たして愛される

不倫をする男性が主に求めている事というのは、承認欲求を満たすという事。これはどういうことかというと、”褒められたい”という欲求の事を表す。不倫相手の彼の事を褒めて、何かをしてくれたら大げさに喜ぶというような事を繰り返し、彼に自分が役に立っているという事や彼が頑張っているという事を常にみとめてあげるようにしよう。

そうする事で、家庭で奥さんが子供ばかりに夢中で自分の事をみてくれないと嘆く男性をしっかりと捕まえる事ができる。

不倫だからこそ自分の仕事はきちんとやり続ける

彼に養ってもらおうとか、そういう気持ちは持たずにあくまで自分は自分という風に自分の仕事はきちんと続けている。

むしろ、彼とずっと一緒にいるためにも自分は“結婚”よりも彼といる事を選ぶという覚悟があるので、仕事と一定の収入そして、将来の為の貯金をきちんとしている。

つまり、彼と一緒にいるために、彼でもなく、他の男でもなく自分ひとりできちんと生きていける設計をたてている人が多い。それくらいの覚悟をもって、彼と長い年月を重ねてこの不倫を続けていこうと覚悟を持っているのだ。

不倫相手の彼の家庭は自分の恋とは関係ない

不倫の場合は、”今頃奥さんと一緒に寝ているんだろう”とか、独りぼっちの自分と一緒にいるであろう家族を比べてしまって落ち込んでしまうような事が多いのだが、あくまで恋愛は二人でするものだから彼の家族を自分たちの恋愛にはいれない。

そんなことをしても、自分がつらくなり、彼に当たってしまい二人の恋を続けていくには障害でしかないのだ。二人の恋を長く続ける為には今の状態で二人にとって障害になる考え方をどんどん排除していき、常に彼と長く愛し合い続ける為にはどうすればいいのか?という事を基準に”この言葉をいってよいか?”など彼に話す事も考えて口にするようにしよう。