【不倫】禁断の略奪必殺技テクニック

ID-10085989

人のオトコを奪る方法 ~自己責任恋愛論~ 』の著書の島田佳奈さんに、

不倫禁断の略奪必殺技テクニックを教えてもらった。

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

 【島田さんのお話】 

「不倫相手の嫁と姑が上手くいっていない場合は、こんな方法もあります。

姑に先に気に入られてしまって、私の方が嫁に向いているという風に姑に思わせるように仕向けてしまう方法です。

そのうち男性も本当に嫁にするべきはこっちだったのかもと思うようになります。

たとえば、『会社の部下』として不倫相手のお母さんに紹介をしてもらえるような機会があれば、姑の好みや喜ぶポイントを把握して、その瞬間に全力をつくす。

不倫相手も本気でないと、いくら“部下”といっても紹介しないと思いますので、そこまでいけたら、略奪なんてあと一歩だと思います。

また不倫相手が完全遊びと割り切っていると感じるような場合は、そんな人にしがみつくメリットなんてあるのか?考えた方がよいのではないでしょうか?女性の方もなんとなく気づいているから不安になるのではないでしょうか?

たとえ、彼が遊びだったとしても『今の私には必要』という考え方もありますよね。むやみに、自分が本気で彼だけが遊びなのではないか?という事に不安になってしまう方が多いので、その必要はないと思います。

相手が結婚していたって、それがゴールではないですから、いくらでも離婚する可能性だってあるのです。

このように、略奪をするためには自分がどんなことができるのか?一度じっくりかんがえてみてください」

というのが、島田さんのお話でした。

実際に、嫁と姑が仲の悪い男性と不倫をしていて、不倫相手の彼も間に入ることに疲れてしまっているような時に、愛人に紹介したら、愛人と姑が仲良くなって、姑の方が略奪婚を後押ししたという事があるそう。

不倫相手のご両親に紹介してもらうというのは、なかなかハードルが高い事ではありますが、もしチャンスがあればそのチャンスは絶対モノにするべし。


 

taN8cPqf_400x400

島田佳奈

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシーの“女豹”ライター。

作家/女豹ライター。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』『運がよくなるお引越し』『女豹本!』『コントラスト』他著作多数。Web、雑誌、TV等メディアを問わず活動中。最近の著書には『アラフォー独女の生きる道』(http://qq4q.biz/m00T)がある


略奪必殺技の関連記事

【不倫】彼の方から早く会いたいと思われる女になる方法

【不倫】男性がこの行動をとったら離婚率が高い(前編)

やめるべき不倫の見分け方。恋愛の姉御が伝授

【不倫】妻ともSEXをする男の本音…

不倫男性の本人も気づいていない深層心理を利用して心をつかむ方法