不倫で奥さんよりも愛される女になるテクニック

ID-100233387

実際に、不倫相手が家庭に帰らなくなった、離婚したなど奥さんよりも愛された人々に取材を重ねて、その人達がやっていた不倫で奥さんに愛されるようになる為のテクニックをご紹介。彼の心を奥さんから徐々に依存をさせて最終的には略奪まで行っていた。

またその人達が心がけていた共通点は、自分から会いたいというのではなく、相手から会いたいと思わせるような行動をとっているところが注目すべきポイントだ。

奥さんよりも愛されるのはこんな行動をとる女

このまま彼のことを好きでいていいの?

自分の運命の人が今好きな彼なのか それとも別の人と結ばれる運命なのか 知りたくないですか?

いま好きな人なのか?別の人なのかいつ出会うのか? 教えてもらえます

自分の人生を無駄にしたくない そんな人は是非試してみてください

不倫で愛されて会いたいと思う女

相手に会いたいと思わせるためには、相手が負担と思うようなことを要求しないし、また彼を責めるようなこともしないようにする。

つまり、相手が絶対に会えないような時間に「どうしても会いたい」というような我儘をいったり、「なんでもっと私の為に時間を使わないのよ」と責めると責めるようなことをしていない。

 特に、絶対叶えられないような我儘を言うという事は、彼にとって“彼女の望みを叶えられない”ということが、自分の自信を失わせるという事になり、男の人にとってはマイナスの感情になるため、自分にマイナスの感情を与えるような女の人に会いたいと思わなくなってしまう。

それとは逆で、彼ができるようなことをちゃんと頼ってやってもらうということを繰り返していると、彼にとってあなたが自信を与えてくれる存在になることができるため、もっと会いたいと思えるようになる。男の人は、自分に自信を与えてくれる女性の事が好きだ。

ダブル不倫の場合の愛される女

既婚男性×独身女性の場合と、ダブル不倫では、相手男性が求めているものが少し違う。独身女性と不倫をする男性というのは胸キュンを求めていたり、既婚というハードルを超えてでも女性にモテるのだろうか?という事を求めて最初は不倫をする。

けれども、ダブル不倫の場合は、胸キュンもあるが、独身女性と不倫をする男性よりも最初はとにかく家庭を壊さずに、恋愛を楽しみたいという気持ちが男性側は強く表れている。

さらには、既婚女性の方が、包容力が独身女性に比べてあるので、甘えたいとか自分の弱いところを受け止めてほしいというような気持がダブル不倫の男性の方が強くなる。

その為、ダブル不倫の場合は女性側はとにかくロマンスを求めている人多いが、そのロマンスの中にも、相手の男性を甘えさせてあげるような要素を強くいれると、ダブル不倫の男性はより愛人に会いたいと思うようになる。

不倫相手の彼に日常を忘れさせる

また、仕事や家庭を忘れさせてくれるような非日常感を男の人は求めているということも忘れてはいけない。

いつも笑顔でいる事で、一緒にいると楽しいなと思う事ができたり、彼が癒されたりするので、怖い顔で文句をいっている奥さんとは違うことをしなくてはいけない。

また、服装なども奥さんが自宅でしているような恰好とは違うものにした方がよいし、下着などは、不倫男性が既に家族になってしまっている奥さんがつけていたら気持ち悪いと思うような過激な下着も、愛人ならば興奮して喜ばれる。

実際にだんだん奥さんのところに帰らずに愛人のところに入り浸るようになったという人がやっていたことは、とにかくセクシーでいる事というのは欠かさずにやっていた

その上で、彼の話に全身全霊を傾けて、彼が求めているものは何か?彼が価値を考えているのは何か?というように、彼のすべてを受け入れてその上で、彼が話していて気分がよくなるにはどんな質問をすればいいのか?自分が話したい事ではなく、相手が話していて気分が良い事はなにだろうか?という事を考えて、常に彼が楽しくなる会話を心がけているおもてなし精神がすごい人が多い。

常に不倫相手の彼が一緒にいて居心地が良いと思えば自然と不倫相手の彼は一緒にいたいと思って会いにやってくる。

【奥さんよりも愛される女関連記事】