ふりんをする男の深層心理とは!?

ID-100255750

なぜ奥さんがいるのに、ふりんをする男の人がいるのか?奥さんだってもちろん心に傷がつくし、浮気相手の女の子だってだんだん本気になってきてしまって、結果的に幸せじゃなくなってしまう事も多い。

それでもふりんをする男というのは多くいる。そしてそんな

ふりんをする男の人の深層心理

一番の深層心理は、『承認欲求を満たしたい』という事になる。つまり結婚していても彼女ができる。他の女の子にも認めてもらえる俺ってすごいということを証明したいというのがふりんをする男性の奥底にある。

さらに、奥さんが家で旦那さんをあまり尊敬していないとか、男の人として頼っていないことが多い家庭では、自尊心を満たす場所がないのでますます不倫に走ってしまう事が多いのだ。

ふりんする男が愛人ともっと一緒にいたくなる行動

ふりんをする男の人は『自分を認めてほしい』と思っているところが、大きいので、浮気相手が奥さんよりも、男として頼ったり、ほめたりと彼をきちんと認めて居心地の良い空間をつくると、自然と彼は愛人の方に時間を費やすようになっていくことが多い。

ふりん男性の「俺ってすごい」という男心を煽って、このふりん相手の女の子がいるからこそ『俺ってすごい』をたくさん感じられる状態これを作り上げれば、彼はどんどん一緒にいたいなと思えるようになってくる。

  • 男性をふりんさせる妻の会話例

男性「今日営業で大きな発注とったんだ」

妻「へぇ。今日近所の奥さんがごみの事で文句いってきて・・・」

このように、家庭では奥さんが旦那さんの褒めてほしいと思うようなところを褒めてくれずに、自分が話したい愚痴などを話しだすという事がよくあり、このような事が旦那をふりんに向かわせる行動になる。

  • ふりん男性がもっと一緒にいたいと思う愛人会話例

男性「今日営業で大きな発注とったんだ」

愛人「わぁすごい。○○さんすごい努力していたもんね。どうやってお客さんにニーズを引き出したの?」

このように、ふりん男性が『俺はすごい、褒めて』と暗に意味した自慢話を的確にキャッチして、さらにふりん男性が話したいと思っていることを気持ちよく話させるように会話を誘導している。

ふりん男性が愛人から離れていく行動

逆に、ヒステリックになったり『なんで会えないの!』などと彼を責めるような言動をすると男の人は離れて行ってしまう。

『俺はすごい』を感じたいのに、責められてしまうと俺はすごくなくなってしまう。愛人と一緒にいても楽しくない、これだったら家庭と一緒だとふりん男性は感じてしまう。

これは、“ふりん”に限らず、普通の恋愛でも彼を責めるような事ばかりを言いだしてしまうと自然と彼は離れて行ってしまうのだ。

基本的に男の人は“認めてもらいたい生き物”なので認めてくれる人のところに寄ってくるし、責めて文句ばかり言っていれば自然と離れて行ってしまう。

特に、“正妻”とか“本命の彼女”となると、自然と彼に好かれる為の努力を怠ってしまいやすくなるので、愛人にとってはそこを徹底的に攻める戦略という事がふりんを制覇するには大事なのだ。

また、会社でそこそこ認められていて仕事で実績をあげている人ほど、ある程度仕事にも余裕があるので、仕事以外でも自分は認められるのか?ということに挑戦したいと思ってふりんする可能性が高い。また、女の子も仕事ができる人を“自分より上”だと認める為に不倫に発展しやすくなるのだ。

このように、ふりん男性の深層心理には、“自分を認めてほしい”という気持ちがあるので、上手くそれを利用すると不倫をさけることも、彼の方をはめることもできるようになるのだ。